PR

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、OSSベースのデータ統合製品を販売開始

2013年1月18日(金)

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは1月16日、仏Talend S.A.100%出資の日本法人であるTalendと販売契約を締結し、「Talend Enterprise Data Integration」の販売を開始した。

「Talend Enterprise Data Integration」は、基幹システムや部門サーバーなど各種システムやアプリケーションに散在するデータを集約・整理し統合する、オープンソースソフトウェア(OSS)ベースのデータ統合製品(ETL)。PCの画面上で視覚的に操作でき、専門スキルがなくても容易にデータの連携や結合を行うことができる。さらに、システムごとに個別管理していたデータを一括管理することで、運用を簡素化し、管理コストを削減する。

「Talend Enterprise Data Integration」の特長は以下の通り。

■データを統合し、情報の有効活用を支援
・各種システムのデータを集約し、項目や形式などを統一するデータクレンジングや、重複削除、集計などのデータ加工を行い、膨大なデータを統合する。
・データウェアハウス(DWH)、CRMなどのパッケージアプリケーションをはじめSaaS型やクラウドのアプリケーションなど多彩な媒体と接続できる。

■わかりやすい操作かつ豊富な機能で容易にデータ統合を実現
・データ整理や関数など、あらかじめ用意された機能を用い、視覚的な画面操作でデータ統合を行うことができる。
・データベースの接続情報やテーブルレイアウト、データフォーマットなどをメタデータとして管理するので、複数人での作業やメンテナンスも容易に行える。

■ビッグデータおよびクラウドにも対応
・ビッグデータ対応としてHadoopにも接続でき、大量データの集約・整理・統合もスピーディーに行うことができる。
・Salesforce.comやSugarCRMなどのクラウドプラットフォームにも接続可能。

■短期導入が可能
・既存媒体とも柔軟に接続できるため、低コストかつ短期導入が可能。
・同社の多数のデータ統合実績とOSSに関する豊富なノウハウを生かし、高品質なシステムを短期で構築する。

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
http://www.ssl.fujitsu.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています