PR

NEC、OpenFlow Ver1.3に対応した「UNIVERGE PFシリーズ」のコントローラおよびスイッチの新製品2機種を発売

2013年6月12日(水)

NECは6月10日、OpenFlowを用いたネットワーク制御技術ProgrammableFlowに対応した製品「UNIVERGE PFシリーズ」において、ProgrammableFlow Controller(以下、PFC)「UNIVERGE PF6800」の機能を強化するとともに、ProgrammableFlow Switchの新製品「UNIVERGE PF5459-48GT」と「UNIVERGE PF5459-48XP」を販売開始した。

今回の機能強化内容は、OpenFlow標準仕様Ver.1.3への準拠、端末のMACアドレスを認識して端末が所属する仮想テナントネットワークに割り当てるMACマッピング機能の提供、サーバー収容ラックで使用するのに最適なPFSの提供。

今回の「UNIVERGE PF6800」の強化概要と新製品の特長は以下の通り。

・OpenFlow標準仕様Ver.1.3への準拠

PFCと新PFSがOpenFlowの最新仕様であるVer.1.3に準拠。これによりネットワーク構築の際のユーザの機器選択肢が広がる

・接続端末の移動にも柔軟に対応できるMACマッピング機能

OpenFlowネットワークに接続する端末をどのスイッチのどのポートに接続しても、端末の固有情報を認識して、適切なネットワークポリシーを自動的に適用し、端末が所属すべきVTNに自動的に割り当てられるMACマッピング機能を提供。これにより、端末の移動やフロア変更の際もスイッチの設定変更が不要で、運用の効率化が図れるとともに、誤接続や誤設定によるトラブルを未然に防止することが可能

・サーバー収容に最適なPFS「UNIVERGE PF5459」

新PFSは、フローテーブルに加えMACアドレステーブルも利用する、MAC Forwarding機能により処理効率を向上させた。多数のサーバを収容するラックに設置し、ネットワークを束ねる用途として使用する場合などに最適。「UNIVERGE PF5459-48GT」は1Gを48ポート、「UNIVERGE PF5459-48XP」は10Gを48ポート搭載しており、サーバのインタフェースに合わせて選択可能



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック