PR

Rails技術者認定試験の上位資格「Rails4シルバー試験」を発表

2013年7月11日(木)

Rails技術者認定試験運営委員会は7月9日、人材総合サービスのヒューマンリソシアをRails技術者認定試験運営委員会に迎え、新体制にて新試験「Rails4技術者認定シルバー試験」の開発と実施を発表した。

新体制の概要は下記の通り。

  • ヒューマンリソシアは人材育成と就業支援のノウハウを提供する
  • ヒューマンリソシアはアイティメディアの運営するWebメディア「@IT」と吉政創成と協力し、Rails技術者認定試験の普及に努める
  • 吉政創成の代表取締役である吉政忠志氏が委員長として着任し、吉政忠志氏が全体の運営責任の役割を担う
  • @ITの太田智美氏が副委員長として着任する
  • Rails用の携帯電話プラグインjpmobileを開発している小川 伸一郎氏をテクニカル・アドバイザーとして迎えた
  • アジャイルウェアにシルバー試験問題作成協力を得ることになった

新資格の概要は下記の通り。

  • 名称:Rails4技術者認定シルバー試験
  • 目的:Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ること
  • 対応バージョン:Rails 4.0
  • 種別:シルバー試験:Ruby on Railsの実務で使えるコーディング力を問う試験
  • 受験料金:シルバー試験12,000円/回(税抜)
  • 試験開始時期(予定):2013年秋公開ベータ試験の実施、2014年春本試験開始
  • 試験会場:全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
  • 設問数:40問
  • 試験時間:1時間
  • 合格基準:7割正解
  • 出題形式:選択式(単一または複数選択)

シルバー試験出題範囲としては、Railsの各コンポーネント(ActiveRecordやActionPack)の説明や、MVCにおける基礎的な知識といったRailsの概要から、ActiveRecord、ルーティングとActionController、ActionViewとヘルパー、ActionMailer (メール)、テストといったところが案として提示されている。範囲の詳細は試験Webサイトで公開し、公式Twitterアカウント「@railscp」にて通知する予定。


Rails技術者認定試験運営委員会
http://www.railscp.org/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック