PR

NTTコムウェア、ネットワーク構築や運用業務を柔軟に支援するソフトウェアを販売開始

2013年12月3日(火)

エヌ・ティ・ティ・コムウェア(以下 NTTコムウェア)は11月28日、SDN/OpenFlow技術を用いて、ネットワーク構築時の機器設定・変更、ネットワークの通信制御、運用業務を柔軟に支援するソフトウェア「SmartSDN Controller(スマートエスディーエヌ コントローラー)」の販売を開始した。

NTTコムウェアでは、SDNの実現を担うONFの標準化動向を調査し、技術の検証、実証実験を進めるとともに、大規模かつ高信頼のNTTネットワークの開発、構築、運用で培ってきた技術力をいかしてSDNコントローラーの開発に取り組んできた。

「SmartSDN Controller」は、スイッチやルーターを集中管理することでネットワーク全体が把握でき、既存のルーチングプロトコルに依存した経路、迂回制御ではなく、故障やネットワークのトラフィック状況に応じた柔軟な経路変更が可能。

サービス利用者のQoEに着目し、通信が流れているネットワークの品質(遅延、ゆらぎ、ロスなど)をQoEの指標として5段階の評価から判断し、より良い経路に迂回することでサービス品質の安定維持を図る。(特許出願中)

また、予期せぬソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの故障発生時にもサービスの継続を可能とするため、「SmartSDN Controller」の冗長化を実現している。

拠点間を流れる通信パケットを擬似的に作成し、仮想ネットワーク上の経路に流すことで、経路上の故障の早期発見や、疎通確認・通信経路確認試験が可能。(特許出願中)


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています