PR

GMOインターネット、ソーシャルゲーム向けクラウドサービス「GMOアプリクラウド」のサービス内容を一新

2014年4月26日(土)

GMOインターネットは4月22日、ソーシャルゲームの公開に最適化されたサーバーサービス「GMOアプリクラウド」のサービス内容の一新およびウェブサイトの全面リニューアルを実施し、全く新しいサービスとして提供を開始した。

「GMOアプリクラウド」は、クラウド基盤にオープンソースソフトウェア「OpenStack」をクラウド基盤として採用。「OpneStack」は信頼性の高いクラウド環境を低コストで実現する有力な基盤として、世界中で実績を持つオープンソースソフトウェアで、これを採用した新しい「GMOアプリクラウド」は、低価格でありながら高機能・高品質なクラウドサービスの提供を実現する。

サービスアップデートした「GMOアプリクラウド」については以下の通り。

・基盤ソフトウェアに「OpenStack」を採用
従来の仮想サーバープラン「ローカルディスクプラン」に加え、新たに「外部ディスクプラン」を用意した。「外部ディスクプラン」は仮想サーバーを起動している物理ホスト(物理マシン)とは異なるネットワーク上にあるSSDやストレージサービスをマウントして利用できるプランで、異なるスペック(CPU/メモリ)のプランへディスクの付け替えを行うだけで、容易にサーバーのスケールアップ/ダウンを実現できるのが特徴。また、従来の「ローカルディスクプラン」においても、SSDキャッシング機能対応のRAIDカード「MegaRAID CacheCade」を搭載したことでI/O性能が飛躍的に向上し、より高速なディスクアクセスを実現している。

・サーバーラインアップを刷新
仮想サーバーの料金プランに「時間単位課金」を追加した。ゲームのイベント開催に合わせて時間単位でスケールアウトができ、より効率のよいサーバー運用が可能となる。「時間単位課金」に比べて割安で利用できる従来の「日単位課金」も選択可能で、利用シーンに合わせて使うことができる。

・2つのストレージサービスを提供開始
SSDで構成され高速データ処理が可能な「ブロックストレージ」と、HDDで構成され大容量データの保管やデイリーのデータバックアップなどに最適な「オブジェクトストレージ」の2種類のストレージサービスをオプションで提供する。「ブロックストレージ」は、3個までアタッチが可能で、IOPSはプランにより1000~5000IOPSを保証する。「オブジェクトストレージ」は容量無制限の従量課金制で、保管データは自動的に3つのストレージサーバーに複製保存する。

・イメージ保存機能を追加
稼動中の仮想サーバーやブロックストレージからイメージを保存し、仮想環境のバックアップや複製が可能。まずは仮想サーバーの「外部ディスクプラン」およびストレージサービスの「ブロックストレージ」において本機能の提供を開始し、今後は「ローカルディスクプラン」においても導入を予定している。

・ネットワーク環境を強化
ソーシャルゲームのインフラとして重要視されるネットワーク環境については、従来のインターネット回線「10Gbps」に加え、内部ネットワーク回線も「10Gbps」へ強化した。これにより内部ネットワークの高い安定性とスループットの向上を実現し、快適なネットワーク環境を提供する。

・コントロールパネルをフルリニューアル
オリジナルのコントロールパネルをさらに使いやすくリニューアルした。これまでの複数契約の一括管理やアカウント毎の権限設定に加え、日本、米国、韓国にあるデータセンターを全て1つの画面で一元管理できるマルチリージョン管理機能やグローバルIPアドレスの追加、各種ポート設定機能、コンソール機能が新たに拡充されている。その他にも利用状況の確認から請求書のダウンロードまでできる機能の搭載や、コントロールパネル画面をPCだけでなく、スマートフォン、タブレットでも利用できるよう、レスポンシブデザインを採用するなど、細やかで便利な機能を搭載している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています