PR

ミドクラ、ネットワーク仮想化ソリューションの最新版をリリース

2015年2月28日(土)

ミドクラは2月26日、ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット (以下MEM)の最新版リリースを発表した。MEMはIaaSクラウドに最適なネットワーク仮想化ソリューションで、VMware vSphere、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 6など、主要なエンタープライズクラウドプラットフォームをサポートしている。

MEMは、ネットワーク仮想化をソフトウェアで実現するオーバーレイ型ソリューション。MEMはIPコネクティビティを持つ物理ネットワーク上で動作し、管理ツールMidonet Managerを使って物理ネットワークを気にすることなく仮想ネットワークの運用管理を行うことができる。ネットワーク処理をエッジ(コンピュートノード)で処理するアーキテクチャを特徴としており、導入が比較的簡易で拡張性や耐障害性に優れている。MEMを導入すればIaaSクラウド上で柔軟なレイヤ2からレイヤ4の仮想分散ネットワークサービスを実現することができ、ネットワークのコスト削減、安定性、拡張性、性能を向上させることができる。

最新リリースの主要な機能追加は以下の通り。

  • OpenStack Junoサポート。
  • OpenStack Neutron連携機能の改善。特に、Load Balancing as a Service (LBaaS)機能の改善により、OpenStack Horizon UI経由でテナント毎にロードバランサーを生成することができるようになった。
  • vSphere連携の改善。ネットワーク管理者は、vSphere環境とOpenStac環境を単一MidoNetで管理することができる。
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 6 (RHEL-OSP 6)の認証取得。
  • 管理ツールMidoNetマネージャー機能追加。
      BGP設定では、数回のクリックで簡易にBGPゲートウェイの容量変更を実施できるようになった。
      レイヤー4ロードバランサー設定。設定変更がより簡易になり、ヘルスチェックなどの状態確認ができるようにった。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています