PR

リアルグローブ、Experience API に基づいたパーソナルレコード保管システムをオープンソース化

2015年8月18日(火)

リアルグローブは8月12日、ADLが策定しているExperience APIに基づくスケーラブルで高速なパーソナルレコード保管システム「edo-xrs(EDO Experience Record Store)」(エド・エクスピリエンス・レコード・ストア)をedo-toolkitの一部としてオープンソース化したと発表した。

「edo-xrs」は、個人から発生する様々なデータを記録するプラットフォーム。学習記録や医療記録等をはじめとする、あらゆるパーソナルレコードをスケーラブルかつ高速に蓄積することができる。「edo-xrs」は、LRS(Learning Record Store)として、総務省「先導的教育システム実証事業」の学習記録データ蓄積機能に採用されているという。

「edo-xrs」は、EDOプロジェクトが目指すパーソナルデータの安全かつシームレスな相互運用を実現するために開発された。EDOと「edo-xrs」を組み合わせることにより、高速なだけでなく、安全にパーソナルデータを活用できるようになる。

活用例は以下の通り。

  • 教育分野における活用
    eラーニングシステムや教育サービスで蓄積される学習記録データは典型的なパーソナルレコード。学習記録データの蓄積先を「edo-xrs」にすることにより、より大規模な運用が可能になる。
  • 医療・ヘルスケアにおける活用
    パーソナルレコードの1つである電子カルテや処方箋、心拍数などのヘルスケアレコードを活用することによる病気の予防や医療費の削減が期待されている。「edo-xrs」は、ヘルスケアレコードにも対応する。
  • IoTにおける活用
    IoTの普及に伴い、サービス化されたデバイスから発生する膨大な情報を、シームレスに活用することの重要性がますます大きくなっていく。そうした新たなパーソナルデータを活用する新たなビジネスにとっても、「edo-xrs」およびEDOプロジェクトは便利な道具として使用できる。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています