PR

単層ネットワークへのアプローチ

2010年7月23日(金)
小川 直樹(おがわ なおき)

ネットワーク簡素化のステップその2

ネットワーク簡素化の第2ステップは、アクセス・スイッチ(サーバー・エッジ・スイッチ)の仮想化です。

アクセス・スイッチの1つが、EX4200シリーズ(1台あたり最大48ポート)です。同スイッチは、前述したバーチャルシャーシ技術を備えています。これにより、最大で10台のEX4200シリーズを、あたかも単一のスイッチであるかのように運用できます。サーバーのポート数にもよりますが、数百台のサーバーを単一のスイッチでカバーします。

なお、バーチャルシャーシでは、専用のケーブルを用いて128Gビット/秒バックプレーンを実現します。これにより、ラックをまたいだサーバー間のデータ転送を高速化できます。

ネットワークの簡素化における第1ステップ(コア・スイッチとアグリゲーション・スイッチの統合)と第2ステップ(アクセス・スイッチの仮想化)の次に着手するべきことは、MPLS(Multi Protocol Label Switching)やVPLS(Virtual Private LAN Service)を用いたデータ・センター同士の接続です。このためのネットワーク・エッジ・ルーターの例が、ジュニパーの「MXシリーズ」です。

近い将来には、バーチャルシャーシ技術を搭載したスイッチを拡充します。具体的には、コア・スイッチ(EX8200シリーズ)やエッジ・ルーター(MXシリーズ)、アクセス・スイッチの上位機種「EX4500シリーズ」に導入します。STPやVRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)を用いる必要がなくなり、これらに要していた帯域(50%に相当)を取り戻すことができます。コストが減り、運用を簡素化できます。

図7: バーチャルシャーシ機能をスイッチの各層に広げる(クリックで拡大)

ネットワーク簡素化のステップその3

ネットワーク簡素化における最後のステップは、「3-2-1」の「1」です。ネットワークの階層を単層化するステップです。このステップを実現するためには、ネットワーク機器が搭載するOS(オペレーティング・システム)が、重要なカギを握ります。

図8: すべてのネットワーク機器で共通のOSを用いる(ジュニパー)(クリックで拡大)

ジュニパーでは、全ネットワーク機器に共通するOS「Junos OS」を用意しています。Junos OSの将来のビジョンは、データ・センター全体で単一のネットワークファブリックを運用できるようにすることです(前述した"ストラタス・プロジェクト"の成果物)。データ・センター内のすべてのサーバー、ストレージ、セキュリティ・サービスなどを、相互に直接接続できるようにします。

図9: ジュニパーのビジョン「データセンター・ファブリック」(クリックで拡大)

今回は、クラウド対応データ・センターに求められる3つの要件のうちの1つとして、ネットワークの簡素化について解説しました。具体的には、ネットワークを簡素化する具体的なアプローチとして、3つのステップを示しました。コア・スイッチとアグリゲーション・スイッチの統合、アクセス・スイッチの仮想化、将来的なビジョンとしての単層化、です。

次回は、クラウド対応データ・センターに求められる3つの要件のうち、ネットワーク簡素化を除いた残る2つの要件である、「共有」と「セキュア」について解説します。また、運用の自動化や、オフィス環境やモバイルなど、ネットワークの利用環境の変化について解説する予定です。

著者
小川 直樹(おがわ なおき)
ジュニパーネットワークス株式会社 マーケティング部 ソリューションマーケティングマネージャー

プログラマーから始まり、大手外資系ソフトウェアベンダーにて、ストレージソフトウェアを中心にプリセールス、プロダクトマーケティングを担当。2008年より現職。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています