PR

マルチタスク化したiOS

2011年1月14日(金)
新居 雅行

iPhone OS 3までのアプリ動作

iOSのいわゆる「マルチタスク」について今回は取り上げたいが、「マルチタスク」の意味が一般には誤解されているので、まずはここから説明したい。

iPhoneは技術的な意味ではマルチタスクに当初から対応しているが、WindowsやMac OS Xのように、ユーザーが明示的に複数のアプリケーションを起動することができないことや、サードパーティ開発者によって作られるアプリケーションに別のアプリケーションが稼働する背後で何かをさせるといったことができないことを総称して「マルチタスクに対応していない」といういわれ方をしている。正しくは「アプリケーションの複数起動やバックグラウンド動作ができない」ということである。

iPhone OS 3では、これがユーザーの不満であったことは確かだ。Appleの考えるコンセプトは、アプリケーションが終了する時、その状況を残しておいて、次に起動したら再現するという手法だったが、iPhone OS 3までは終了や起動のメッセージ呼び出しが行われるだけで、「状態の保持」はプログラマがやらないといけなかった。かくして、そういうことはやらないというアプリケーションも増えて、「マルチタスク感」がない状況になっていたのである。

また、標準のiTunesアプリケーションのように、他のアプリケーションが実行していても背後で音楽を鳴らし続けることができるような仕組みが見えていた。つまり、OSとしては複数のプロセスを起動してマルチタスクをしているのに、サードパーティにまったくといっていいほどその仕組みを開放していなかったのである。こうした状況を「マルチタスク非対応」という一言でいっていたのだ。技術的には正しくない用語だとしても、サードパーティのプログラマとしては「自分が使えない」という意味での非対応でもあったわけだ。

図1:iOS 4での起動プロセスの確認と強制終了(クリックで拡大)
(左)通常の状態
(中)ホームボタンをダブルタップすると画面下に起動しているアプリが一覧され、タップするとそのアプリが起動する
(右)アプリを長押しすると立ち入り禁止マークが表示され、そこをタップするとアプリが強制終了する

ユーザーから見たマルチタスク動作

しかしながら、AppleはiOS 4でついにその部分をプログラマに開放した。それ以前は、別のアプリケーションに切り替わる時に、プロセスそのものが消滅していた。しかしながら、iOS 4以降、何らかのプロセスは残る。ここについての詳細は次のページで紹介する。

そしてまた、ホーム画面からアイコンをタップすると、アプリケーションが呼び出される。その時、特に何もしなければ以前のアプリケーションの状態がそのままになっている。つまり、前回の作業の再現という意味での追加プログラムはかなり軽減されたものの、iOS 4の挙動に合わせたチューニングは必要になる。

従って、ホームボタンを押してもアプリは終了はしないようになったといっていいだろう。そして、3ページ目でも紹介するが、他のアプリケーションが稼働している背後でも何かをできるようになった。

まず、マルチプロセスになっている現状でのユーザーとしての操作方法を紹介しておこう。iOS 4でプロセスが終了しなくなっても、アプリケーションに終了機能を入れるなどの変化はないので、どこが変わったか大変分かりにくい状況になっている。そのため、プロセスの確認や強制終了の方法を知らないユーザーも多いようだ。もっとも、それを意識しなくてもいいように作ってあるともいるのだが。

知っておく操作は少しだ。ホームボタンを2回連続して押せば、画面下に現在起動しているプロセスがリストアップされる(起動中のアプリは出てこない)。ここでホームボタンを押せばホーム画面に、起動中のアプリ画面をタッチすると元に戻るが、リストアップされたアプリのアイコンをタップするとそのアプリケーションに切り替わる。さらに、リストアップされたアイコンのいずれかを長押しすると、アイコンの左肩に「立ち入り禁止アイコン」が登場する。この状態で立ち入り禁止アイコンをタップすれば、そのアプリケーションは終了される。

ユーザーに対して許される操作はこれだけだ。普通に使っているとこういう機能が隠されていることは分かりにくい。もちろん、アプリが安定して動けばこうした機能は不要だが、プロセスが増えすぎて処理が重くなった場合などは、こういうコントロールが必要だろう。

フリーランスのトレーナー、コンサルタント、プログラマー、ライター。MacやiPhoneを中心としたトレーニング、FileMaker、 Access、MySQLを軸にしたWeb系の開発などが主な業務。iPhoneアプリ「郵便番号検索」を開発し、App Store開設初日に掲載される。Apple認定トレーナー、Apple認定システムアドミニストレータ、Microsoft認定トレーナー、 FileMaker認定デベロッパー。著書に「iPhoneアプリケーションプログラミング」など。京都工芸繊維大学大学院修了。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています