PR

iPadで稼働するアプリケーションへの発展

2010年5月31日(月)
新居 雅行

iPadの登場で変わるiPhone開発

4回シリーズの一連の記事は今回が最後です。前回までにiPhoneのアプリケーションを作りましたが、今回はiPadです。

ちょうどこの原稿を書いているときに、5月28日に発売されることがアナウンスされたので、 図らずもドンピシャなタイミングでiPadの記事をお届けできます。

もっとも、多くの開発者は、すでにSDKがリリースされており、あれこれ試して見ているところかと思います。 前回までにiPhoneで作った業務システムのクライアントソフトを、iPadでも作ってみるという視点から、 新しいデバイスであるiPadの開発面を見て行くことにしましょう。

iPadも「iPhone OS」ですが、iPad発売時点では、iPhoneはVer.3.1.3、iPadはVer.3.2で利用することになっています。 つまり、Ver.3.2はiPad専用バージョンということで、Ver.3.1.x以前でiPadが稼働したことはないことから、 結果的にiPadとiPhoneで「共通のiPhone OS」バージョンはないということになります。

Mac OS Xでも、PowerPCとIntel、32/64ビットがそれぞれ混在できる「ユニバーサルバイナリ」が採用されており、 iPhone OSでも同様にiPadとiPhoneのユニバーサルアプリケーションも可能です。 しかしながら、結果的にはそれぞれ別々に作ることになるでしょう。

なぜかというと、画面サイズがこれだけ違うと、同一のユーザーインタフェースで操作するということは極端に難しくなるからです。 Xcodeのテンプレートで「Universal」が選択できるものがあるのですが、 Objective-Cで記述するプログラムやXIBファイルは、iPhone用とiPad用が別々に用意されています。

iPad対応のSDKになり、iPad向けのテンプレートも用意されていますが、 まずは既存のXcodeの作業がiPad向けに開発する場合にどこが違うのかをまず見てみましょう。

iPhone向けのプロジェクトをiPad向けに

まず、Xcodeのビルド情報は要チェックです。プロジェクトやターゲットなどいろいろなところで設定がありますが、 少なくとも、どこかで、「Deployment」のカテゴリにある「Targeted Device Family」のところで「iPad」を選択します(図1-1)。 選択肢はほかに「iPhone」と「iPhone/iPad」がありますが、 「iPhone/iPad」は、1つのバイナリでiPhoneとiPadの両方で実行させたい場合に選択します。

そして「iPhone OS Deployment Target」から「iPhone OS 3.2」を選択します。ここまでの設定で、 コンパイラはiPhone OS 3.2を前提に実行するようになります。つまりは、iPad向けにビルドするということです。

Xcodeのビルド情報を設定する

図1-1:Xcodeのビルド情報を設定する

その後に、Xcodeのツールバーの一番左側のドロップダウンリストを見ると、「アクティブSDK」などの設定があります。 ここでは図1-2のように「iPhoneシミュレータ3.2」などを選択します。Ver.3.2の項目を選択すれば、 「iPhoneシミュレータ」はiPadであるとみなして稼働します。名前がややこしいですが、 ともかくVer.3.2の項目をここのメニューで選択されていることを確認します。

Xcodeのドロップダウンリストの選択項目

図1-2:Xcodeのドロップダウンリストの選択項目

そして、XIBファイルは、iPhone向けに作っていたままでは、iPad向けにはなりません。 また、新しいクラスのオブジェクトもライブラリに出てきません。 そこで、XIBファイルをInterface Builderで開いた状態で、FileメニューからCreate iPad Versionなどを選択します(図1-3)。 すると新しいウインドウで新たなiPad向けのXIBファイルができるので、そのファイルをどこかに保存して、 必要ならXcodeのビルド対象ファイルとして含めます。

Interface BuilderのFileメニューからCleate iPad Versionなどを選択する

図1-3:Interface BuilderのFileメニューからCleate iPad Versionなどを選択する

おおまかにはこれだけで、iPhone向けのプロジェクトはiPad向けになりますが、 当然ながら、ここからプログラムやXIBファイルの構成をいろいろ変えて、ちゃんと動くようにするという長い作業が待っています。

フリーランスのトレーナー、コンサルタント、プログラマー、ライター。MacやiPhoneを中心としたトレーニング、FileMaker、 Access、MySQLを軸にしたWeb系の開発などが主な業務。iPhoneアプリ「郵便番号検索」を開発し、App Store開設初日に掲載される。Apple認定トレーナー、Apple認定システムアドミニストレータ、Microsoft認定トレーナー、 FileMaker認定デベロッパー。著書に「iPhoneアプリケーションプログラミング」など。京都工芸繊維大学大学院修了。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています