PR

プログラミング言語を少しだけ学んでみよう

2011年5月11日(水)
渡辺 将人

条件分岐について

次は条件分岐を見てみましょう。条件分岐は「もし変数の中身が10だったら処理Aを、20だったら処理Bを行う」のように、条件に応じて処理を行う機能です。プログラムで条件分岐を行う際は「if」というキーワードを利用します。

例えば現在時刻が4時~11時であれば「おはよう」と表示するプログラムを書くと、以下のようになります。なお、JavaScriptでは、今が何時かを取得するには「new Date().getHours()」と書きます。

<script type="text/javascript">
  var hour = new Date().getHours();
  if( hour >= 4 && hour <= 11 ) {
  document.write("おはよう");
  }
</script>

2行目で現在が何時かをhourという変数に入れています。3~4行目で、hourという変数の中身が4以上で11以下であれば、「おはよう」と出力するように書いています。

図6:ifは条件に応じて処理を行う

このようにプログラムでは、条件に応じて処理を実行することができます。

これを利用すると「おみくじ」プログラムなどを書くことができます。ランダムで1~4までの数値を取得し、1だったら大吉、2だったら中吉、3だったら末吉、4だったら凶、というように出力する文字を変化させれば良いのです。

その他にも変数と条件分岐の2つの知識だけでも、発想次第で様々な機能を作ることができます

まとめ

ページが尽きてしまったので、プログラミングの入門的なお話はここまで。このような知識をいくつも積み上げていくのが、プログラムの学習です。どうでしょう、プログラムを学ぶということに対して、少しはイメージは湧きましたでしょうか。

もう少しJavaScriptに触れてみたいと思った方は、以下のサイトなどにあるサンプルソースを写経してみて、プログラムを書くことに慣れてみると良いと思います。

→ JavaScript Samples フリーサンプル - eWeb

→ イヌでもわかるJavaScript講座

他の言語でも学ぶ手順はだいたい同じようなものです。実行するための環境の準備をし、hello worldが動くことを確認し、変数や条件分岐、ループなどの基礎的なことを学び、後は様々なサンプルソースを読んだり、標準ライブラリにある機能を覚えたりすることになります。

最後に

プログラミング言語を学ぶ際は、どれだけ楽しいと感じられるかが、とても大きな要素になります。

Linuxを作ったことで有名なリーナス・トーバルズ氏には、こんなタイトルの著書があります。「それがぼくには楽しかったから」(Just For Fun)。

リーナス氏は自身が作ったOS(Linux)のソースコードを無償で世間に公開しました。OSを作るというのはとても大変な作業です。そうした労力の成果をお金に変えるのではなく、公開してみんなの共有財産にしてしまったのです。

こうした行為は何も特別なことではなく、多くのプログラマが行っています。世界中のプログラマが、オープンソースと呼ばれる無償のソフトウエア開発にボランティアとして参加し、無料でソースコードを書いています。

プログラマはお金をもらえなくてもプログラムを組みます。それが楽しいからです。絵を描くのが好きな人はお金をもらわなくても絵を描く。文章を書くのが好きな人はやはり無償でも文章を書く。それと同じですね。

プログラミングの技能を活かして、「こういうことを実現したいな」と思ったことを試行錯誤しながら現実のものにする。それはとても楽しい作業です。みなさんもプログラムを組めるようになって、ぜひ、そうした楽しさを味わってみてください。きっと病みつきになると思います。

【参照リンク】

(アクセス:2011.04)

編集部注:図に一部誤りがあったため、修正しました。(2011.05.12)

フリーランスのプログラマ兼ライター。C、C++、Java、PHP、Perl、Python、Ruby、VB、JavaScript、ActionScriptなど、多数の言語の開発経験を持つ。現在はScalaを用いた大規模データ処理に携わっている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています