PR

PHPを動かしてみる!

2009年3月5日(木)
須田 超一

代表的なCMSではPHPが使われている!

本連載ではWeb制作では必須の知識とも言われるPHPをこれから学びたい方、どこから学んでいいのか分からない方々のために、初歩の初歩からPHPについて解説していきます。

PHPは、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)の組み合わせで使われることが多く、またさまざまなCMSの開発に利用されています。以下は、代表的なCMSです。

WodPressは、ブログから企業サイト、ポータルサイトまで、さまざまなサイト制作が可能な高機能CMSソフトです。世界規模でみると人気No.1です。

OpenPNEは、mixiのようなSNSを構築するソフトウエアです。

XOOPSは、コミュニティー構築用のソフトで、豊富な拡張モジュールによって、機能拡張が簡単にできるのが特徴です。

EC CUBEは、ショッピングサイト構築用CMSです。順調にユーザーが増えています。

SugaraCRMは、顧客管理、営業管理に使えるCRMのソフトウエアです。オープンソースの無償版と拡張機能が豊富な有償版が配布されています。

Pukiwikiは、Web上でコンテンツ編集ができるwikiのPHP版です。

Web制作にかかわる方々は、何らかの形でこれらのCMSを聞いたことがあるでしょう。これらのソフトウエアを使用するにあたって、PHPを少しでも知っていると、簡単な修正などに柔軟に対応できるようになります。

例えば、WordPressのテンプレート作成です。テンプレートに利用されるWordPress用のタグは、PHPの関数であり、WordPress用のタグとPHPの知識を使えば、標準機能では対応できないカスタマイズもできるようになります。

PHPの動作

まずは、PHPの動作ついて説明していきましょう。

Webサイトを閲覧する時は、必ずブラウザとサーバーが必要です。ブラウザはサーバーへ要求を出し、サーバーは、ブラウザからの要求を受け取り、URLで指定されたHTML、CSS、JavaScrip、画像ファイルなどをブラウザに渡すのが基本です(図1-1)。

PHPが動作する場合の概念図は、図1-2のようになります。ブラウザは、URLを指定して、サーバーにデータを要求したり、ブラウザに入力されたデータを送信します(図中1)。

ブラウザがPHPファイルを呼び出している場合は、PHPにデータが渡され(図中2)、Webサーバー内部でPHPが動作します(図中3)(CGI版のPHPの場合は、外部で動作します)。

PHPが動作すると、非常に多くの仕事をしてくれますが、詳細は後にしておいて、PHP動作後は、PHPの処理結果が出力されます(図中4)。

PHPから出力されたデータはWebサーバー経由でブラウザに渡されます(図中5)。

ここからは、具体的な話をしましょう。

例えば、サイト閲覧者がブラウザに誕生日を入力したとします。PHPは、その閲覧者が入力した誕生日データを受け取って、その人の星座を判定します。判定結果は、PHPから出力されて、ブラウザの画面には「あなたは○○座ですね」と表示させることが可能です。

これを応用すると、星座データから占いプログラムを呼び出して、その人の本日の運勢を朝のニュース番組のように出力させることも可能です。

株式会社ITコア R&Dグループリーダー/有限会社グローバルイーネットワーク 代表取締役

有限会社グローバルイーネットワーク代表取締役。ITコアでは、クラウドサービスやオープンソースの研究開発に従事。株式会社東芝で半導体メモリの開発やシステム開発を経験後、南カリフォルニア大学やボンド大学のビジネススクールで経営学を学びMBA取得。
ITと経営戦略を武器にして、多方面で事業活動を展開中。 2011年は、バルーンアート事業を立ち上げます。デジタルハリウッド講師(PHP/Ajax)。 アメブロはこちら

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています