PR

見せサバに使うパーツの調達と板金加工

2011年7月13日(水)
新藤 望

堂々と人に見せることができる優れたデザインと、実用的なスペックを両立する素敵なサーバー、略して“見せサバ”を作る第2回のテーマはパーツ調達です。必要なパーツや道具類の調達と、それらのパーツをCubeに収めるために必要な板金加工の依頼などを主に紹介していきます。

パーツの調達はほぼ秋葉原にて行ったため、途中で脱線しつつ、お送りしていきます。

作業内容を確認する

今回の作業概要は、以下のとおりです。

  1. パーツの確認
  2. PCの設計
  3. パーツ検討
  4. パーツ購入
  5. その他の準備品
  6. 板金加工
  7. 収まりの確認

1. パーツの確認

今回使用するパーツを、流用するもの、しないもの、購入するものに分けて確認します。

番号 項目 備考
1 ケース 流用
2 CPU 購入
3 ヒートシンク 購入(CPU付属のCPUクーラー)
4 マザーボード 購入
5 メモリ 購入
6 HDD 購入(SSD + 2.5->3.5インチ変換マウンタ)
7 DVD-ROMドライブ 流用(※ATAPI接続のため、ATAPI->SATA変換アダプタを購入)
8 電源 購入
9 タッチスイッチ 購入(ATX電源スイッチ)

購入するパーツの詳細は、「3.パーツの検討」にて説明します。

【Cubeから再使用するパーツ一覧】

  • きょう体
  • 支柱
  • ヒートシンクの支柱
  • ヒートシンク
  • ハンドル
  • 上パネル
  • 背面パネル
  • DVD-ROMのパネル
  • DVD-ROMのケース
  • DVD-ROM
  • ねじ

2. PCの設計

完成形を確認します。
内部は以下のとおりの配置です。


A:マザーボードの位置
B:CPUファンの位置
C:DVD、SSDの位置

3. パーツの検討

1. CPU

種類:Sandy Bridge

CPUについては、現在第5回が行われているイベント、INSTALL MANIAXの第3回、第4回で決勝に進出したKazumix氏の推薦と、ネットでの評判を読んでどんな性能か試してみたい、ということから選択しました。

Sandy Bridgeはi7、i5、i3と、3種類リリースされていて、ちょうど今、メインで使用しているPCのCPUがi5です。リリース時期は異なりますが、同じシリーズで比較した方が性能を体感できるかとの考えから、i5に決めました。

また、品番にSがついているものは、消費電力が少ないものです。節電も意識してSの付いた「i5-2405S」を選択することにします。

元アパレル販売員を経て、某SIerに転職。転職前は[Ctrl]+[C]も知らなかったが、仕事にも慣れ、今年でエンジニア歴7年目を迎える。普段は、主にUNIXの保守、運用を担当。自宅には、Mac 1台、Windows 4台(デスクトップ2:ノート2)があり、仕事用にWindowsを使用中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています