PR

G4 Cubeを仮組みしてテストする

2011年7月20日(水)
新藤 望

Power Mac G4 Cube(以下、Cube)のきょう体を使って、堂々と人に見せることができる優れたデザインと、実用的なスペックを両立する素敵なサーバー、略して“見せサバ”を作る今回の企画。前回は、パーツの調達と板金加工まで行いました。

今回は、その他の加工と仮組みまでを中心に紹介していきます。

なお、前回そろえたパーツのうち、うまくケースに入らないものもあったため、一部、内容を変更させて頂いております。自作、改造の醍醐味としてご了承ください。

【変更点:CPUファンの追加購入】

ヒートシンクの支柱と、4本の柱をたて、上パネルを嵌めると、どうしてもCPUファンが干渉してパネルと柱がかみ合わなくなるため、CPUファンを追加で購入しました。
 →参照:Slim Silence i-Plus

今回は以下の流れで解説していきます。

  1. 部品加工
  2. 仮組み

0. 準備するパーツと工具類

Cubeのケース
ドライバー (+,-)
ドライバーはねじの取り付けに使用します。
ドライバーはCPUファンの取り付けに使用します。
トルクスドライバー (T8,T10)
ねじの取り付けに使用します。
作業場所:何も置いていないデスクまたは床
私はねじの取り外しに力を入れやすいため、床で作業をしました。
また、パーツを置けるような広さがあると良いかと思います。
ねじを入れておけるもの
私はドライバーセットのふたに入れておきました。適当にどうぞ。
ジッパー付きの小袋や、薬を分けて入れるケースなどを利用すると、ねじをまとめておけるため、便利だと思います。
切断済みのヒートシンク
加工済み背面パネル
ヒートシンクとマザーボードの間のスペーサー (組み立て中に長さ確認)に使用できる、5mmくらいのプラスチックの棒)

1.部品加工

1-1.マザーボード

マザーボードの幅が大きく、しっかりと入りきらないため、上面パネル、背面パネルに収める約1cmのうち、2~3ミリを紙やすりで削ります。あとで、ビニールテープを貼るため、その分も考慮して、多めに削ります(+1mm)。

まずは、荒めのもので大きく削り、仕上げに細かめを使用します。紙やすりは、握りやすいものに巻き、紙やすりを動かすと操作しやすいです。私は金属製のカードケースを使用しました。作業後は粉が細かく付いているため、ティッシュや乾いた布などでふき取ります。

ここで一度、パネルに入るかどうかを確認します。

サイドから銅板が見えています。絶縁のために、ビニールテープを削った側面に貼ります。

1-2.SSD取り付け用意

SSDを取り付けるため、変換マウンタを使用します。マウンタを付けても、そのままだと余分な空間ができてしまい、正しい位置に取り付けることができません。

そのため、マウンタを付けたSSDのねじ穴を、DVD-ROMのケースに作成、固定できるようにします。使用するのは、電動ドリルです。

マウンタを付けたSSDを、DVD-ROMのケースに当て、マジックなどで、ねじ穴のアタリを付けます。

ケースの下が空洞になり、力が過剰にかからないよう、本や新聞ですき間を埋めます。電動ドリルを垂直に当て、低速で削ります。回転しているため、位置がずれないように注意します。

ねじ穴完成

  • 1

元アパレル販売員を経て、某SIerに転職。転職前は[Ctrl]+[C]も知らなかったが、仕事にも慣れ、今年でエンジニア歴7年目を迎える。普段は、主にUNIXの保守、運用を担当。自宅には、Mac 1台、Windows 4台(デスクトップ2:ノート2)があり、仕事用にWindowsを使用中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています