PR

パーツをそろえてG4 Cubeを組み立てる

2011年7月27日(水)
新藤 望

前回では、G4 Cubeの仮組みまでを完了しました。今回は、いよいよメインイベントとなる、本番の組み立てです。

組み立ての前にお知らせですが、もともと予定していたパーツではうまくケースに収まらないものがあったため、一部、内容を変更させて頂きました。

前回から変更した点

1.インナーケース内に電源を格納する予定でしたが、外付けで使用することに変更しました。その電源接続部分を設置するため、背面パネルに接続用の穴を開けました。

2.IDE-SATA変換基盤で、CubeのDVD-ROMが認識できなかったため、新たにスロットイン式の DVD-ROMドライブを購入しました(左)。

それに伴い、スリムドライブSATAケーブルを購入しました(右)。

3.電源用の押しボタンスイッチを購入しました(※上のボタン部分のみ使用)

4.SSD用に、SATA3対応のSATAケーブル(ストレート)を購入しました。

以上が変更点です。

組み立て

それでは、ここからはいよいよ完成に向けて、以下の順番で組み立てていきます。

  1. ヒートシンクの取り付け
  2. 電源ボードの接着
  3. DVD-ROMの取り付け
  4. 支柱の取り付け(1)DVD-ROM側
  5. DVD-ROMのフレームの取り付け
  6. 電源接続先の取り付け
  7. スイッチの取り付け
  8. マザーボードの取り付け
  9. 支柱の取り付け(2)マザーボード側
  10. POWER LEDの取り付け
  11. 上面パネルの取り付け
  12. インナーユニットの格納
  13. 電源投入

ねじの取り付け以外の加工が必要な手順には、【用意するもの】を提示します。

ねじは、使用されているものが、直径3.2mmまたは3mmです。また、もともと使用されているものでなくとも、直径3.2mmまたは3mmのねじであれば、事足ります。

他のパーツと干渉しにくいで、皿子ねじ(頭が平らなもの)がおすすめです。

1. ヒートシンクの取り付け

ヒートシンク部分は切り取ってしまい、支柱のみになりましたが、このまま、「ヒートシンク」と表記します。

赤枠、青枠部分のスペーサーと、スペーサー受けを外します。

ヒートシンクのマザーボード側のねじと、ヒートシンクのDVD-ROM側のねじを取り付けます。

ヒートシンクを背面パネルへ取り付けます。

ヒートシンクの柱の、ハンドルとの接続部分(可動部分)を上に押し上げます。上がりきると、バネの上がる音がします。

ハンドルを差し込み、ねじ留めします。この時、ねじは、3mmの太さのものを使用します。

無線LANカードの取り付けが無い方は、ヒートシンクの支柱から、ヒートシンクまでの距離があるため、長いねじを使用すると付けやすいです。ねじ留めが終わったら完了です。

元アパレル販売員を経て、某SIerに転職。転職前は[Ctrl]+[C]も知らなかったが、仕事にも慣れ、今年でエンジニア歴7年目を迎える。普段は、主にUNIXの保守、運用を担当。自宅には、Mac 1台、Windows 4台(デスクトップ2:ノート2)があり、仕事用にWindowsを使用中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています