PR

サーバーリソースの監視

2011年7月28日(木)
sanonosa

Muninの設定

まずは監視サーバーの設定を行います。

以下の要領で設定ファイルを編集します。監視サーバーでは設定ファイルの中からホスト名だけ変更します。

  (munin.confの60行目:ホスト名の変更)
  # sed -i 's/localhost/monsvr/' /etc/munin/munin.conf
  (munin-node.confの29行目:ホスト名指定)
  # sed -i 's/#host_name x86-19.phx2.fedoraproject.org/host_name monsvr/' /etc/munin/
  munin-node.conf

そしてMunin-nodeとapacheを起動します。

  # service munin-node start
  # service httpd start

※MuninはTCP:4949ポート、apacheはTCP:80ポートで待ち受けるようになります

最後に再起動後もmunin-nodeが自動的に上がるように設定しておきます。

  # chkconfig munin-node on

監視対象サーバーの設定

続いて監視対象サーバーの設定を行います。

以下の要領でmunin-nodeの設定ファイルを編集します。監視対象サーバーでは設定ファイルの中からホスト名と監視サーバーのIPアドレスを変更します。

  (munin-node.confの29行目:ホスト名指定)
  # sed -i 's/#host_name x86-19.phx2.fedoraproject.org/host_name host1/' /etc/munin/
  munin-node.conf
  (munin-node.confの36行目:監視サーバーからのアクセス許可)
  # sed -i 's/127\\.0\\.0\\.1\$/10\\.0\\.0\\.1\$/' /etc/munin/munin-node.conf

そしてmunin-nodeデーモンを起動します。

  # service  munin-node start

最後に再起動後もmunin-nodeが自動的に上がるように設定しておきます。

  # chkconfig munin-node on

数分ほどしたら監視情報が監視サーバー側に集まってくるので、適当なWEBブラウザで下記URLを開きます。

  http://monsvr/munin/

デフォルトは5分の間隔で実行されます。これを変えたい場合は/etc/cron.d/muninを編集します。

  vi /etc/cron.d/munin
  */5 * * * *     munin test -x /usr/bin/munin-cron && /usr/bin/munin-cron   <- */5の
  部分を変更する

国内某有名ITベンチャー企業に創業メンバーとして携わる。国内最大規模のシステムを構築運用してきたほか、社内情報システム導入のプロジェクトマネジメント、韓国の交友関係が豊富なことから韓国関連で多数のシステムインテグレーションなども行ってきた。前職は富士通株式会社でSE。
個人blog:http://nosa.cocolog-nifty.com/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています