PR

Eucalyptusのインストールと設定

2011年9月15日(木)
田中 智文(TANAKA TOMOFUMI)

※この記事は、書籍『Eucalyptusではじめるプライベートクラウド構築』の内容を、ThinkIT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

Eucalyptus のインストール

本節では、CentOS 5.5(x86_64)にEucalyptus をインストールする方法について説明します。

OS に必要となる設定

インストールグループの設定

インストールグループの選択画面において、NC をインストールするサーバでは、「Virtualization」(日本語インストールをしている場合は「仮想化」)を選択します( 図1 )。

図1:インストールグループの設定(NC)(クリックで拡大)

フロントエンドでは、特に指定はありませんが、GUI が不要な場合は、無駄なリソースを使わないように、「Desktop-Gnome」のチェックを外しておくことをお勧めします( 図2 )。

図2:インストールグループの設定(フロントエンド)(クリックで拡大)

ファイアウォールとSELinux の設定

CentOS 5.5 のインストールの完了後、サーバにログインし、ファイアウォールとSELinux を無効にします( 図3 )。

図3:ファイアウォールとSELinux の設定(クリックで拡大)

不要なサービスの設定

Eucalyptus を動かすために不要となるサービスを停止するように設定します。

# フロントエンドとNC両方にて実施
chkconfig iptables off
chkconfig ip6tables off

# NCにて実施
chkconfig libvirtd off

ループバックデバイスの設定

Eucalyptus は、EBS のボリュームやインスタンスの起動において多くのループバックデバイスを必要とします。そのため、次のようにループバックデバイスを増やす設定をします。

# CLC/CCとNC両方にて実施

echo 'options loop max_loop=256' > /etc/modprobe.d/loop

for i in `seq 8 255`; do echo loop${i} >> /etc/udev/makedev.d/50-udev.nodes; done

◆◇◆◇ NOTE ループバックデバイスの最大数の制限 ◆◇◆◇

CentOS 5 系ではループバックデバイスの最大数が256 個までしか作成できないため、 max_loop=256としていますが、CentOS 6 以降では max_loop の数を256 個以上にすることも可能です。

著者
田中 智文(TANAKA TOMOFUMI)
NTTデータ先端技術株式会社

2008 年に高知から上京し、NTTデータ先端技術株式会社に入社。業務ではWebアプリケーションの開発やOSSクラウド基盤の調査、検証に従事。志田の作成したGUIクライアント「tAWS」のメンテナンスと機能拡張を行っている。
Twitter:@tanacasino

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています