PR

企業向けデータグリッド:Red Hat JBoss Data Gridの特徴

2013年7月31日(水)
三木 雄平

はじめに

連載2回目の今回はRed Hat JBoss Data Grid(以降、JDG)を利用する上で理解しておく必要がある“JDGの使用モード”、“キャッシュモード”、および“アクセスプロトコル”の3点に絞って解説を行いたいと思います。また、各項目のメリット・デメリットについても出来る限り解説していきます。今回の記事をお読み頂くことでJDGの特徴や、JDGの構成についてご理解頂けると思います。

JBoss Data Gridの使用モードについて

はじめにJDGの使用モードに関してですが、現在、JDGではリモートクライアントサーバモード、ライブラリモードと呼ばれる2つの使用モードから選択して、環境を構成することが出来ます。

リモートクライアントサーバモードは読んで字のごとく、リモート環境からクライアント(アプリケーション層)がJDGサーバ(データ層)を利用するモデルです。各アプリケーションはクラスタ化したJDGに用意されたアクセスプロトコル(後述)を利用し、アクセスしデータを操作します。

図1:リモートクライアントサーバモード(クリックで拡大)

リモートクライアントサーバモードは、アプリケーションからデータ層を独立して構成できるため、データ量が多く、多数のJDGインスタンスを起動しなければならない場合(例:アプリケーション層とデータ層のサーバ数が大きく異なる)等には非常に有効なモードです。また、複数アプリケーションからデータ層を共有化できるのもこのモードです。

このモードのデメリットとしては、アプリケーションとJDG間でトランザクションが切れてしまうことが上げられます。もし、JDGをグローバルトランザクションに含めたい等の要望がある場合は、次に紹介するライブラリモードのご利用を検討してください。

次に、ライブラリモードについてですが、こちらはアプリケーションと同一のJava VMにJDGを配置するモードです。

図2:ライブラリモード(クリックで拡大)

リモートクライアントサーバモードと比べると機能が豊富であり、利用可能なAPIも多いためアプリケーションからきめ細かい制御がしたい場合等にはこちらのモードをおすすめします。また、ネットワーク負荷を最小に抑えられるため、リモートクライアントサーバモードよりもパフォーマンスが高くなる場合があります。

デメリットを上げるとすれば、Javaアプリケーション以外からはアクセスできない点や、アプリケーション層とデータ層を分けることが出来ないことによる、管理・運用面での弊害等が考えられます。また、データとアプリケーションが同様のJavaヒープを利用することになるため、GC戦略をたてる上で、チューニングが複雑になる傾向があります。

これらのモードに関しては、JDGを利用するシステムおよびアプリケーションの特性や要望によって自ずと決まってくると思います。それぞれのメリット・デメリットを考慮して最適な使用モードを選択することになります。

  • 1
レッドハット株式会社

JBossグループ ソリューション・アーキテクト
株式会社SRAを経て、2002年に日本BEAシステムズ入社。カスタマーサポートチームにて、アプリケーションサーバおよびJava VM(JRockit)のサポートを担当。その後、プリセールスチームにてSIP Servlet関連の製品に携わる。2007年よりレッドハット JBossグループにてプリセールスを担当。
音楽(聴く&演奏)大好き。最近はJazzyなベースとリズムに魅了されてます。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています