PR

JBoss Data Gridを使ってみる:Hot Rod API編

2013年8月27日(火)
村井 理利

はじめに

4回目の今回は、前回インストールしたJBoss Data Grid(以降、JDG)に Hot Rod API を利用したデータ操作を体験して頂くため、サンプルプログラムのダウンロード、インストール及び、設定についてステップバイステップで解説していきます。

また、Hot Rod APIの利用方法についても解説したいと考えています。

なお、今回の検証環境に関しても前回と同様に下記の環境を利用します。

表1インストール環境

マシン lenovo ThinkPad X201
OS Red Hat Enterprise Linux Workstation release 6.3
CPU Intel Core i5 M540 (2.53GHz 2Core)
メモリー 4GB

Hot Rod とは

第2回でも紹介しましたが、Hot RodとはJDGクライアントとサーバ間で利用されるJDG独自のプロトコルになります。いくつか用意されている通信プロトコルの中で最も高速に動作し、かつ一番インテリジェンスなプロトコルとなるため、新規にJDGを利用される場合は多くの方が選択される通信プロトコルになるはずです。

Hot Rodではクライアントプログラムが利用するAPIを提供しており、開発者はこのAPIを利用してデータの操作を行うプログラムを作成することになります。

サンプルプログラムの入手とインストール

今回は、Red Hat カスタマーポータルで公開されているサンプルプログラム 「JBoss Data Grid 6.1.0 Quickstarts」の1つ、hotrod-endpointを利用してHot Rod APIの動作を確認していきます。

サンプルプログラムは、前回導入したJDGと同じくカスタマーポータルからダウンロードします。取得手順は「JBoss Data Grid を使ってみる:インストール編」の1ページ目にある「インストールモジュールの入手とインストール」をご確認ください。

サンプルプログラム「JBoss Data Grid 6.1.0 Quickstarts」をダウンロードし、任意のディレクトリに解凍します。
※以下の例では、JBoss Data Grid 6.1.0と同じディレクトリ に解凍しています。

$ cd <INSTALL_DIR>
$ unzip jboss-datagrid-quickstarts-1.1.0.Final.zip

ファイルを解凍すると、「jboss-datagrid-quickstarts-1.1.0.Final」ディレクトリが作成されます。

サンプルプログラムhotrod-endpointのビルドには、Javaプロジェクト管理ツールApacheMavenを利用します。下記の取得ページよりバイナリーファイルをダウンロードし任意の場所に解凍します。併せて、ApacheMavenのbinディレクトリへのパスを設定してください。
※以下の例では /usr/local 以下に解凍しています。

> ApacheMavenの取得ページ

$ cd /usr/local
$ unzip apache-maven-3.0.5-bin.zip
$ export PAHT=/usr/local/apache-maven-3.0.5/bin:$PATH

これで ApacheMavenのインストールが終了しました。
※Apache Mavenを利用するためにはインターネットへのアクセスが必要となります。

レッドハット株式会社
JBossサービス事業部 ソリューション・アーキテクト
1999年よりパナソニックITソリューションズ株式会社に在籍。2013年4月よりオープンソースの文化とJBoss製品を学ぶ為、レッドハット株式会社にて修行中。 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています