PR

Red Hat、インメモリデータグリッドソリューション「Red Hat JBoss Data Grid 6.2」の最新版を発表

2014年2月11日(火)

Red Hat, Inc.(以下、Red Hatは、インメモリデータグリッドソリューションの最新版「Red Hat JBoss Data Grid 6.2」の提供開始を発表した。最新版は大規模データセットを扱うアプリケーションのパフォーマンス高速化を実現し、成長するビジネスニーズへの企業のスムーズな対応を後押しする。

JBoss Data Gridは、データベースに補完的レイヤを提供することにより企業が新規にデータインフラストラクチャに投資することなく、これらの課題を解決する手助けをする。このレイヤに保存されるデータは種類、アクセス頻度またはその他の特性により優先順位が付けられる。データグリッドはデータ処理の高速化および待ち時間の低減を可能にし、従来のデータベース上の負担を除くことにより、スケーラブルなパフォーマンスを提供しアップタイムのサービスレベルアグリーメント(SLA)を満たす。

バージョン6.2の新機能は以下の通り。

・クエリ:クエリ機能でユーザーはデータグリッド内のオブジェクトをプロパティやメタデータに基づいて簡単に検索し見つけることができ、オブジェクトに割り当てられたキーを知る必要はない。

・高スループット、ファイルベースのキャッシュストア:JBoss Data Gridはファイルベースのキャッシュストアを新規に2つ備え (SingleFileCacheStore および LevelDB-JNI)、 高い書き込みスループットおよび大規模データセットに対応できる高速化およびスケーラビリティを提供する。

・データの相互運用性:データの相互運用性により、アプリケーションはデータがグリッドにどのように書き込まれたか、またはどんな方法で書き込まれたかを知る必要なく、グリッドからデータを読み込むことができる。この相互運用性は異なるプロトコル間、同一プロトコルにおける異なる言語間、および異なるデプロイメントモードに適用される。

・Hot Rodクライアントおよびセキュリティ:C++ アプリケーションが、C++ Hot Rodクライアントを介してデータグリッドにアクセスできるようになった。さらに、新セキュリティ機能として Hot Rod上のユーザー認証および暗号化通信をサポートしている。

・REST用ローリングアップグレード:RESTプロトコルのローリングアップグレードにより、JBoss Data Gridをバージョンアップする際のユーザーサポートの向上、操作の簡略化、管理コストの削減が可能になった。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています