PR

JBoss Data Gridの構成とチューニングポイント

2013年10月24日(木)
西ヶ谷 岳

はじめに

連載7回目となる今回のテーマは、JBoss Data Grid(以下、JDG)のアーキテクチャの理解とパフォーマンスチューニングのポイントについて解説します。

JDGを導入する目的は高性能なデータストア環境の提供にありますので、チューニングは大事な作業になります。また、チューニングを正しく行うためには、JDGがどのような構成で動作しているかを理解していることが重要になりますので、まずはJDGのアーキテクチャを見ていくことにします。

JDGのアーキテクチャ

リモートクライアントサーバーモードで使用されるJDGサーバーは、大きくInfinispanサーバー、Infinispanコア、JGroupsの3つのモジュールで構成されています(図1)。

図1:JDGクラスタ概要構成(クリックで拡大)

Infinispanサーバーは、アプリケーションとなるクライアントプログラムからキャッシュ操作コマンドを受信し、操作結果をクライアントに返送するフロントエンド部分です。InfinispanコアはJDGにおける中心的な役割であり、キーバリューストア(キャッシュ)を管理する部分です。JGroupsモジュールはクラスタリングを組んだノード間でのデータのレプリケーションやリバランスに伴う通信処理を担当する部分です。JDGサーバーはこれら3つのモジュールが連携して動作しています。

なお、ライブラリモードの場合はInfinispanサーバーのモジュールは使用せず、アプリケーションはInfinispanコアのAPIを直接操作します。そのため、ライブラリモードではInfinispanコアとJGroupsのライブラリ(jarファイル)をアプリケーションに同梱して使用することになります。

レッドハット株式会社

JBossサービス事業部 JBossシニアコンサルタント
株式会社富士通研究所を経て、2002年にサン・マイクロシステムズに入社。主にエンタープライズJavaのコンサルティングサービスを担当。その後、日本オラクルを経て、2012年より現職。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています