PR

高可用性とデータ・シャーディングを実現できるMySQL Fabricとは?

2014年9月17日(水)
山﨑 由章

MySQL Fabricとは?

MySQL Fabricは、MySQLサーバー群を管理する統合型のフレームワークです。MySQL Fabricを使うことにより、高可用性(HA)とデータ・シャーディングによる拡張性を実現できます。

図1: MySQL Fabric

MySQLのレプリケーション機能を使って高可用性構成を実現している場合、マスターのサーバーに障害が発生した時に、スレーブのサーバーを新しいマスターに昇格させるフェイルオーバー処理が必要になります。このフェイルオーバー処理を自動化するために、MySQL 5.6ではMySQL Utilities(※)にmysqlfailoverという機能が追加されました。

※MySQL Utilitiesは、Pythonでかかれた便利なスクリプト集です。詳細は以下の記事も参考にして下さい。

[参考]Pythonで作られた便利なコマンドラインツール MySQL Utilities

mysqlfailoverを使うことでMySQLサーバーのフェイルオーバー処理を自動化できますが、その際にアプリケーションからの接続先を新しいマスターへと切り替える必要があります。また、スレーブのサーバーを複数台で構成し、参照処理の負荷分散を実現していた場合も、フェイルオーバーによってスレーブサーバーのうち1台がマスターに変更されるため、アプリケーションからの接続先を切り替える(1台のスレーブサーバーを負荷分散の対象から外す)必要があります。

このような課題を解決するために登場したのが、今回ご紹介するMySQL Fabricです。MySQL Fabricを使うと、マスターのサーバーに障害が発生した際のフェイルオーバー処理を自動化できるだけでなく、フェイルオーバーによってMySQLサーバーの構成が変更された場合でも、アプリケーションからMySQLサーバーへの接続先を切り替える必要がありません。アプリケーションを変更する必要無く、そのまま使い続けられます。

またMySQL Fabricでは、参照処理/更新処理の拡張性も提供しています。システムの規模を拡張する際に「処理性能を向上させたい」という要望が出てくると思いますが、MySQL Fabricを使うとアプリケーションを変更することなく、MySQLサーバーの台数を増やすだけで負荷分散により処理性能を向上できます。参照処理の性能向上はスレーブサーバーの台数を増やすことで、また更新処理の性能向上はデータ・シャーディング(分割)によって実現できます。そしてスレーブサーバーの台数を増やしたり、データ・シャーディングを行ったりした場合でも、アプリケーションは変更せずにそのまま使い続けられます。

この機能は昨年labs.mysql.com(※)で発表されましたが、反響が大きかったため開発が活発に進み、2014年5月27日に製品版(GA)となりました。

labs.mysql.comは、テスト用に、より先進的、実験的な機能を含んだMySQLを提供しています。テスト目的であるため、labs.mysql.comの製品を本番環境では使用しないでください。

MySQL Fabricは、MySQL Utilitiesの一部として提供されています。そして、内部でMySQL 5.6で追加されたGTIDモードによるレプリケーションやレプリケーションユーティリティ(MySQL Utilitiesのレプリケーション関連の機能)を活用しています。そのため、管理するMySQLサーバー群はMySQL 5.6以降(※)が対象となります。GTIDとレプリケーションユーティリティの概要については、過去の連載でも紹介していますので、それぞれの概要についてはこちらの記事もご参照下さい。

※記事執筆時点(2014年9月時点)でのサポート対象はMySQL 5.6のみですが、今後のバージョンについても製品版(GA)リリース後に、サポートされる予定です。

また、MySQL Fabricを使用するためにはMySQL Fabricに対応したコネクタを使用する必要があります。2014年9月時点で対応しているコネクタはPHP、Python、Javaですが、今後他の言語のコネクタも追加予定です。また、O/RマッパーのHibernateとDoctrineもサポートされています。

日本オラクル株式会社

MySQLのセールスコンサルタント。元々はOracleデータベースのコンサルティング、サポート等に従事していたが、オープンソースとフリーソフトウェア(自由なソフトウェア)の世界に興味を持ち、MySQLの仕事を始める。趣味は旅行と美味しいものを食べること。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています