PR

MongoDB Tokyo 2013で語られた、NoSQLを上手に使うためのポイントとは

2013年12月28日(土)
Think IT編集部

オープンソースのNoSQLデータベースであるMongoDBのイベント「MongoDB Tokyo 2013」が12月12日、秋葉原にある富士ソフトアキバプラザにて開催された。

10月には1億5000万ドルもの資金調達を受け、NRIによるサポートサービスが12月から開始されるなど、活発な活動を続けるMongoDB。来日したスタッフによるセッションや、国内企業で使用しているヘビーユーザーからの利用事例の紹介など、充実した内容で行われた。

会場の様子(クリックで拡大)

Ian Daniel氏によるキーノート

MongoDB社のテクニカルサポートマネージャーであるIan Daniel氏によるキーノートでは、はじめに日本での活動として、ユーザーコミュニティの「MongoDB JP」に750人以上が登録していることや、「丸の内MongoDB勉強会」で約50名のエンジニアが日々研究していること、2014年にはオープンソースカンファレンス(OSC)への参加を予定していると話した。また、ワールドワイドではダウンロード数が500万を超えており、MongoDB Universityというオンライントレーニングには10万人強が登録、ユーザーコミュニティには2万人以上が参加していることも紹介された。

MongoDB社のIan Daniel氏(クリックで拡大)

NoSQLデータベースとMongoDBの動き

これまで、40年間にわたって使われているリレーショナル・データベースは過去50年間で最も成功したソフトウェアテクノロジーとDaniel氏は語る。これまで長きにわたってRDBは発展してきたが、ここ5年くらいでそれに対抗できるようなものが出てきた。

こうしたデータベースの歴史や、携帯電話など進化の著しい機器を紹介しながら、いつまでも古いツールを使い続けているのではなく、時代に合わせた新しいツールを使うことが重要だとDaniel氏は述べ、MongoDBの可能性をアピールした。

また、MongoDBの成功事例を2つ紹介。スケジューラのような機能を持つメールアプリの「Mailbox」では、プロトタイプの開発時より、MongoDBをデータストアとして利用している。このアプリはリード&ライトの負荷が高く、ダウンタイムも許されないものだが、MongoDBを使うことでスムーズな動作を実現している。
有名な大手保険会社のMetLifeでは、社内システムでMongoDBを使用している。RDBでデータを一元管理しようと苦労していたが、MongoDBを使うことで柔軟なデータモデルを構築することができたため、90日という短期間でプロトタイプを完成させることができ、本番環境に移行したという。

MetLifeの事例について語るDaniel氏(クリックで拡大)

Webサイト上でも、かなりの数のコンテンツが日本語に翻訳されている他、前述したMongoDB UNIVERSITYでは、「M101P」というPython向けのトレーニングコースを全て日本語で受けることができる。Daniel氏は積極的にコミュニティに参加したり、質問してほしいと話した。

会場には米国のスタッフも数多く参加しており、会場内で参加者の質問に答えるなど対応していた。

Yutaro Mori氏によるMongoDBの概要とアプリ作成のポイント

アメリカで生まれ育ち、ミシガン大学でコンピュータ・サイエンスを専攻したYutaro Mori氏は前職でMongoDBに触れ、その使いやすさとパフォーマンスに魅力を感じて同社に入社したという。普段はMongoDB社のNYオフィスで働いている。日本で過ごした期間は短いと言いながらも、丁寧な日本語でMongoDBとはどんなデータベースなのかということからセッションをスタートさせた。

MongoDB社のYutaro Mori氏(クリックで拡大)

MongoDBを使ったデータは、ほとんどの場合ドキュメントとして作成する。JSONによく似たデータ構造で ディスクに保存される前に二元復号化され、BSON(バイナリ型JSONの略)と呼ばれる。
エンジニアが好むプログラミング言語でのデータ構造に変換することが可能で、Java Scriptの場合はBSONを複合化するのみ、PHPのArray、PythonのDict、RubyのHashに変換できる。

次に、MongoDBの基本機能である、レプリケーションとシャーディングを紹介。レプリケーションは、冗長性を得るために多くのプロダクション環境で導入されている。マスターノードがスレーブノードと同期しているため、マスターノードにダメージが起きてもデータロスを防ぎ、サービス停止時間を最小限にすることができる。その上、レプリケーションを使用することで読み取りの負荷をノード間で分散させることができる。負荷のほとんどが読み取りで占められるアプリケーションの場合、その負荷をスレーブに分担させることでシステムのスケールが可能になる。
シャーディングは、MongoDBを水平スケーリングさせる。データを複数のサーバーに分散させることで、CPUはI/Oの負荷を分散させることができる。性能に直結するため十分なサイズのメモリが必要だが、メモリやディスクモジュールが大きいほど価格の上昇幅が大きくなるため、高コスト、高機能なサーバー1台より、複数のサーバーにデータを分散させる方がコストパフォーマンス向上につながる。

RDB的な使い勝手を持ちつつ、高速パフォーマンスを実現する

ここ数年CPUとメモリの値段が下がっている一方、データとWebのアクセス量が増加している。処理能力が高く、大量のデータを扱うには、RDBでは性能に限界があり、NoSQLを使うことでシステムを補おうという考えがある。

中でも代表的なmemchachedは、KeyとValueのハッシュ形式でデータを持ち、基本的なKeyでの検索に限られた高速なデータストアだが、MongoDBではこういった高速パフォーマンスを保持しつつ、RDBのような機能をバランス良く組み込むデータベースを目指している。
そのため、JoinのようにRDBには存在するがMongoDBが採用を見送った機能もある。この機能は場合によってコスト高やパフォーマンス劣化を招く原因と判断されたが、embeddedを使うなどして、RDBと同じように扱うことができる。

MongoDBでは、RDBのように検索クエリでCRUD操作が可能となっている。一般的なNoSQLのデータベースでは、SQLでいうGROUP BYやSumなどの集計機能がないが、MongoDBでは、NoSQLのパフォーマンスを維持しつつ、こういったSQLが持つような機能を開発している。集計フレームワーク(Aggregation Framework)はその1つで、クエリと同様にGROUP BYやSumが使用できる。

MongoDBの特徴的な機能を紹介(クリックで拡大)

一貫性を保ち、レプリケーションやシャーディングを使用していても、いつでも正確なデータを返すことができる他、ドキュメント指向データベースのため、スキーマを定義しなくても良いといったMongoDBの特長をひと通り説明。後半ではMongoDBを使ったアプリ開発のポイントをスライドで紹介した。

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています