PR

DBドキュメント出力とMEBのためのGUI、次期版6.1の新機能を紹介

2014年4月4日(金)
木村 明治(きむらめいじ)

MySQL Workbench Community版と商用版の違い

MySQL WorkbenchのバイナリはCommunity版と商用版の2つの形で提供されています。Community版はGPLv2にて公開されており、GPLv2の範囲内で自由に利用することができます。商用版はご購入されたEditionに対応する形でSEとEEの違いがあります(バイナリとしては商用版一つですがライセンス的に利用できる機能がSE, EEの違いがあります)。MySQL WorkbenchのCommunity版と商用版の違い、MySQL Editionの違いについては、次のドキュメントをご参照ください。

> MySQL Workbench Features
> MySQL Editions

MySQL Workbenchについて、以前はCommunity版と商用版の違いは大きく設定されていたのですが、その違いは徐々に縮小され現在の違いは以下のようになっています。

[SE/EE版の機能]

DBドキュメント出力
データベーススキーマの情報をドキュメント化(テーブル定義書の自動作成)
データモデルの検証
DB設計上の間違いや懸念事項を提示(一般的な事項/MySQL特有の事項)

[EE版の機能]

MEB(MySQL Enterprise Backup)のためのGUI
バックアップジョブの作成/スケジュール/実行、リカバリの実行
MySQL Enterprise AuditのためのGUI
監査ログの確認

今回は上記のうちDBドキュメント出力とMEBのためのGUIをとりあげます。そして最後に次期版であるMySQL Workbench 6.1の新機能をすこしご紹介させていただきます。

MySQL Workbench(商用版)の試用

MySQL Workbenchを含む、MySQL関連製品の商用版は以下のURLからダウンロードして30日間のトライアル利用ができます。

> Oracle Software Delivery Cloud

ユーザ登録と利用条件の確認・承認のうえ、製品パック“MySQL Database”を選択して必要なファイルをダウンロードしてください。

DBドキュメント出力

データベースのドキュメント出力はModelやEER Diagramのタブを表示し、メニューから「Model」-「DBDoc - Model Reporting...」を選択します。

図1:DBDoc - Model Reporting(クリックで拡大)

選択すると図1.のようなダイアログが出力されますので、出力形式(HTMLまたはTEXT)や出力先等設定のうえGenerate(生成)ボタンを押してください。通常はドキュメントフォルダ(Workbench実行ユーザのマイドキュメント)にreport_日付ディレクトリが作成され、そこにHTMLのベーシックフレーム形式にて図2.のように作成されます。

図2:生成されたHTMLドキュメント(クリックで拡大)
著者
木村 明治(きむらめいじ)
日本オラクル株式会社
日本オラクル株式会社MySQLサポートエンジニア。
MySQL以外にもFirebirdをはじめとするオープンソースデータベースの世界で活動している。
著書に「Firebird徹底入門」(共著)、「プロになるためのデータベース技術入門〜MySQL For Windows〜」

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています