PR

Cisco認定試験の概要、OSIネットワーキングモデル(前編)

2014年11月26日(水)
Wendell Odom(ウェンデル・オドム CCIE No. 1624)株式会社クイープ[訳]

OSIとTCP/IPを比較する

基本的な概念で言うと、OSIモデルにはTCP/IPモデルとの類似点がいろいろあります。OSIには7つのレイヤがあり、それぞれのレイヤで代表的なネットワーキング機能が定義されています。TCP/IPと同様に、OSIの各レイヤは、そのレイヤで定義された機能を実装する複数のプロトコルと規格を参照しています。また、これもTCP/IPと同様に、OSIの策定委員会は新しいプロトコルや規格を作成するのではなく、すでに定義されている他のプロトコルを参照することがあります。たとえば、イーサネット規格はIEEEで定義されているため、OSIの策定委員会はイーサネットを新たに定義して時間を無駄にするのではなく、IEEEのイーサネット規格を参照しています。
現在、OSIモデルは他のネットワーキングモデルとの比較標準という新たな役割を担っています。図1は7層のOSIモデルを4層と5層のTCP/IPモデルと比較したものです。

図1:OSIモデルと2つのTCP/IPモデルの比較

ここでは、OSI用語の2つの用途について説明します。これらの用途には、他のプロトコルを説明するという目的と、カプセル化のプロセスを説明するという目的があります。その過程で、OSIモデルの各レイヤを簡単に説明します。

OSIモデルのレイヤを参照することでプロトコルを説明する

ネットワーキング関連の現在のドキュメントでも、TCP/IPのプロトコルと規格を説明するために、OSIのレイヤをレイヤ番号とレイヤ名で参照することがよくあります。たとえば、LANスイッチはよく「レイヤ2スイッチ」と説明されており、「レイヤ2」はOSIモデルのレイヤ2を表します。OSIモデルでは、7つのレイヤの機能が明確に定義されていたため、それらの機能を知っていれば、製品や機能がOSIのレイヤを参照しているときにそれらの意味を理解できることになります。

もう1つの例として、主にIPによって実装されていたTCP/IPの初期モデルのインターネット層は、OSIのネットワーク層にほぼ相当します。このため、ほとんどの人は、OSIの用語とレイヤ番号を使って、IPをネットワーク層プロトコルまたはレイヤ3プロトコルと呼んでいます。もちろん、TCP/IPモデルで一番下のレイヤから番号を振るとしたら、TCP/IPモデルのどちらのバージョンを使用するかに応じて、IPはレイヤ2またはレイヤ3になるはずです。しかし、IPがTCP/IPプロトコルであるとしても、IPやその他のプロトコルを説明するときには、誰もがOSIモデルのレイヤ名やレイヤ番号を使用します。

TCP/IPの特定のレイヤがOSIの特定のレイヤと似ているという主張は、総体的な比較であって、具体的な比較ではありません。これは乗用車とトラックを比較することに少し似ています。どちらもA地点からB地点まで移動できますが、トラックには積み荷を運ぶための荷台があるなど、具体的に異なる部分がいろいろあります。同様に、OSIモデルとTCP/IPモデルのネットワーク層はどちらも論理的なアドレッシングとルーティングを定義しています。ただし、アドレスのサイズが異なりますし、ルーティングプロセスに至ってはその働きが異なります。このように、OSIモデルのレイヤと他のプロトコルモデルとの比較は、大きな目的のための総体的な比較であり、具体的な手法を比較するものではありません。

この記事のもとになった書籍
APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート

Wendell Odom 著/株式会社クイープ 訳
価格:4,400円+税
発売日:2014年03月05日発売
ISBN:978-4-8443-3553-5
発行:インプレスジャパン

シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

本書は、シスコ技術者認定のうち、CCENT/CCNAの認定を目指す人のための公式ガイドブックです。2013年に改訂されたICND1の試験内容に対応しています。新ICND1は、旧ICND1からトピックの削除と追加が行われています。ICND1の合格により、CCENT認定を受ければ、CCNA認定への最初のステップをクリアしたことになります。本書を携えつつCiscoプロフェッショナル認定試験突破に向けて大きな一歩を踏み出しましょう。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

著者
Wendell Odom(ウェンデル・オドム CCIE No. 1624)

1981年からネットワーキング業界に従事している。これまで、ネットワークエンジニア、コンサルタント、システムエンジニア、インストラクター、講座クリエータとして活躍し、現在は執筆や認定ツールの作成に従事している。Cisco Pressから出版されたCCNA Official Certification Guideシリーズのすべての著者である。また、『CCNP ROUTE 642-902 Official Certification Guide』、『QoS 642-642 Exam Certification Guide』、『CCIE Routing and Switch Official Certification Guide』の共著者であり、他にもさまざまな書籍を執筆している。PearsonのCCNA 640-802 Network Simulatorとその次期バージョンのコンサルタントでもある。www.certskills.comにおいて、学習ツール、自身のブログへのリンク、およびその他のリソースを管理している。

著者
株式会社クイープ[訳]

1995年、米国サンフランシスコに設立。コンピュータシステムの開発、ローカライズ、コンサルティングを手がけている。2001年に日本法人を設立。主な訳書に、『Raspberry Piユーザーガイド』、『IT技術者なら知っておきたいストレージの原則と技術』、『Smashing Android UI』などがある(いずれもインプレスジャパン発行)。http://www.quipu.co.jp

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています