PR

仮想LAN(Virtual LAN)の基本[ドメイン/サブネット/トランキング]

2015年1月5日(月)
内山 豊彦
今回も、試験合格に向けて、例題を見ていきましょう。関連事項の理解ができていなければ、この記事の末尾で紹介する書籍を参照するなどしてください。その後で例題を実際に解いてから、解説を読むようにしましょう。
 

■仮想LAN(Virtual LAN)

 仮想LAN(VLAN)の概念について例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック9章の問題1

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.233より抜粋。

 
仮想LAN(VLAN)とは、物理的な位置に関係なく論理的にグループ化されたネットワークのことです。各VLANは1つの論理ネットワークとみなされます。各VLANは、一斉同報を1つのVLAN内に限定できる、つまりブロードキャストを抑制できるため、1つのVLANはブロードキャストドメインとして扱われます。また、VLAN同士を接続するには、ルータやレイヤ3スイッチなどのレイヤ3デバイスが必要となります。管理者がポートごとにスタティックに設定するポートベースVLANや管理サーバを使用することでダイナミックにVLANを割り当てる方法があります。
 
上記の説明から分かるように、この例題の解答はbになります。1つのVLANは1つのブロードキャストドメインと考えられます。
 

VLANとIPアドレス

 
次の例題は、VLANとIPアドレスの関係についてのものです。
 
公式ガイドブック9章の問題2

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.233より抜粋。

 
VLANは、1つブロードキャストドメインとして扱われます。一般的に1つのVLANには1つのサブネットを割り当てます。VLAN間でデータ通信を行う場合、レイヤ3デバイスのインタフェースに割り当てるIPアドレスが該当VLANのデフォルトゲートェイになります。
 
この例題の場合、3つのVLANがスイッチに設定されています。VLANごとにサブネットを設定するため、VLANが3つになる場合は、サブネットの数は3つになります。よって、解答はdとなります。
 
次の図は、3つのVLANを使用したIPアドレッシング例です。
3つのVLANを使用したIPアドレッシング例

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています