PR

スイッチインタフェースのステータス分析[オートネゴシエーションと手動設定]

2015年1月26日(月)
内山 豊彦
本連載では、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策となるよう、その例題の解答について解説を行っています。今回は、「スイッチインタフェースのステータス分析」を説明します。スイッチのネットワークインタフェースの状態を知る方法について取り上げます。

■スイッチインタフェースの接続状態

まず、スイッチインタフェースの接続状態を知るためのコマンドについて、例題を取り上げて説明していきます。
 
公式ガイドブック10章の問題3

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.265より抜粋。

 
show interfaces statusコマンドを実行すると、インタフェースの状態が出力されます。表示されるインタフェースの状態は、以下のことを意味しています。
 
disabled………インタフェースがシャットダウン(shutdown)されている状態。
notconnect………ケーブルが接続されていないか、ケーブルに不良がある状態。
err-disabled………ポートセキュリティのセキュリティ違反により、インタフェースが無効になっている状態。
connected………インタフェースが正常に動作している状態。
 

●show interface statusコマンドの実行例

下の図は、show interface statusコマンドを実行したときの表示結果の例です。
 
show interface statusコマンドの実行結果
 
先の例題の場合、disabledと表示されるため、インタフェースはshutdownの状態です。管理者がshutdownコマンドを入力したことが考えられます。shutdownコマンドを入力した場合、「administratively down」となり、「line protocol」もdownになります。
 
以上のことから、aとbが正解となります。また、インタフェースがshutdownしているため、データの通信はできない状態です。そのことからdも正解となります。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています