PR

CDPを使ったLANトポロジの分析[隣接デバイスやインタフェースの情報取得]

2015年1月19日(月)
内山 豊彦
今回は、「CDPを使ったLANトポロジの分析」について説明します。CDP(Cisco Discovery Protocol)はCisco独自のプロトコルであり、このプロトコルを使ってLANの分析を行います。

■CDPのshowコマンド[その1]

まずは、CDPのコマンドの以下の例題を通じて、そうしたコマンドの内容を理解していきましょう。
 
公式ガイドブック10章の問題1

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.264より抜粋。

 
CDPとは、Cisco独自のレイヤ2(データリンク層)で動作するプロトコルです。隣接するCiscoデバイスのホスト名などの情報を取得することができます。しかしながら、Cisco独自のプロトコルのために、Ciscoデバイスのみの検出が可能になります。
 
CDPのコマンドとしては、CDPを有効にするコマンドなどいろいろとあります。以下、それらのshowコマンドを列挙します。
 
show cdp ………CDPの全体の設定を表示します。
show cdp neighbors ………隣接デバイスの情報を表示します。
show cdp neighbors detail ………隣接デバイスの詳細な情報を表示します。
show cdp entry エントリー名 ………指定したエントリー名の隣接デバイスの詳細な情報を表示します。エントリー名の代わりに*を指定すると、隣接するすべてのデバイスの詳細な情報が表示されます。
show cdp interface インタフェースID ………インタフェースの情報のみ表示します。
 
先の例題では、隣接するデバイスのIOSのバージョンに関する情報を表示できるコマンドについて、選択肢から選ぶ必要があります(自身のデバイスではshow versionコマンドを使用します)。
 
選択肢bのコマンドはCDP全体の設定を表示しますが、IOSのバージョンなどの情報は表示しません。cは隣接デバイスの情報は表示しますが、インタフェースや名前などだけでIOSについては表示しません。aとdのコマンドの書式は間違っています。以上のことから、eとfが正解になります。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

CDPを使ったLANトポロジの分析[隣接デバイスやインタフェースの情報取得] | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。