PR

クラスフルIPv4ネットワークアドレスの分析[クラスフルアドレスの種類と規模]

2015年2月23日(月)
中山 貴夫
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。今回は、クラスフルIPv4アドレスについて覚えておくべき内容を説明します。クラスフルIPv4アドレスとは、アドレスがネットワーク部とホスト部の2つに分割されており、その分割の単位が8ビットとなっているアドレスのことです。具体的な分け方として、クラスA~Eの5つがあります。

■クラスフルネットワークの種類

まず、クラスフルネットワークを識別する問題を以下に示します。
 
公式ガイドブック12章の問題1
 
公式ガイドブック12章の問題2
 

※問題1と2は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.332より抜粋。

 
IPv4アドレスには5つのクラスが定義されています。クラスA、B、Cはホストを識別するユニキャストアドレス、クラスDはマルチキャストアドレス、クラスEは実験用として予約されていますが実際には使われていません。
 
それぞれのクラスはIPv4アドレスの第1オクテットにより識別できます。第1オクテットの値とクラスの関係は次の表のようになります。
 
クラス 第1オクテットの値
A 1~126
B 128~191
C 192~223
D 224~239
E 240~255
 
この表から、例題1ではクラスAではないものを選択するので、bとcが正解となります。cの127はRFC5735によりループバックアドレスとして予約されているため、クラスAではありません。同様に、第1オクテットが0のアドレスも予約されています。
 
例題2ではクラスBではないものを選択するので、正解はeです。bとdは第2オクテットが255となっていますが、クラスBは第2オクテットまでがネットワーク部分を表すので、これらもネットワークID(ネットワークアドレス)となります。

京都女子大学 現代社会学部 講師、シスコ認定アカデミーインストラクタ。2010年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。専門はネットワーク監視・管理・運用技術。学内ネットワークの運用責任者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています