PR

CiscoルータでのIPv4サポートの有効化[ルータとスイッチのコマンド/showコマンドとステータスコード]

2015年3月23日(月)
内山 豊彦
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。
 
今回は、「CiscoルータでのIPv4サポートの有効化」を中心に説明します。そのほか「ルータとスイッチのコマンドや両者の違い」「showコマンドとステータスコード」を解説します。
 

■CLI:ルータとスイッチでのコマンド操作

ここでは、まずCiscoルータとスイッチのCLI(Command Line Interface)についての例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック15章の問題2
 

※上記の問題1は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.400より抜粋。

 
この例題は、ルータとスイッチで導入できるコマンドを問うものです。以下、それぞれのコマンドについて説明します。
 
●clock rateコマンド…シリアルインタフェースのDCE(Data Circuit-terminating Equipment:データ回線終端装置)側でクロックレートを設定するコマンドです。シリアルインタフェースはスイッチに備わっていないため、クロックレートを設定することはありません。
 
●ip address
コマンド…IPアドレスとマスクを指定するコマンドです。
 
●ip address dhcpコマンド…DHCPでアドレスを取得する場合にインタフェースモードに設定します。
 
●interface vlan 1コマンド…SVI(Switched Virtual Interface)でIPアドレスを設定する場合などに使用されます。
 
以上のことから、aが正解になります。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています