PR

オブジェクト指向言語のPHPが備えるコンストラクタとデストラクタ

2015年2月10日(火)
原田 裕介(はらだゆうすけ)

みなさん、こんにちは。第5回目となる今回は、コンストラクタとデストラクタについてお話しします。

コンストラクタ

コンストラクタとは、クラスにおいてオブジェクトが生成された際に実行されるメソッドのことです。コンストラクタの良くある使い方としては、例えばオブジェクト生成時のインスタンス変数の初期化が挙げられます。

construct_1.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function __construct($name, $size, $price){
    $this->name = $name;
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');

このような書き方を良く見かけると思います。上記の例では、Fruitインスタンスを生成する時に、名前とサイズと金額をそれぞれ引数として渡し、コンストラクタでインスタンス変数に渡します。その後、それぞれのゲッターメソッドで名前やサイズ、金額を取得できるようにする、というようなクラスの書き方は、一般的に行われています。

construct_1.php

construct_2.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function __construct($name, $size, $price){
    $this->name = $name;
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
  function getName(){
    return $this->name;
  }
  function getSize(){
    return $this->size;
  }
  function getPrice(){
    return $this->price;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');
echo $fruit->getName();

出力結果

$ php construct_2.php
メロン

上記の例では、「__construct」という名前でコンストラクタを定義しています。クラス名と同じ名前のメソッド(この例では「Fruit」)を定義することで、コンストラクタとすることも可能ですが、これは古い指定方法です。

construct_3.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function Fruit($name, $size, $price){
    $this->name = $name;
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
  function getName(){
    return $this->name;
  }
  function getSize(){
    return $this->size;
  }
  function getPrice(){
    return $this->price;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');
echo $fruit->getName();

出力結果

$ php construct_3.php
メロン

デストラクタ

デストラクタはコンストラクタの逆に、オブジェクトが参照されなくなった時に確実に実行されるメソッドです。

destruct_1.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function __construct($name, $size, $price){
    $this->name = 'レモン';
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
  function getName(){
    return $this->name;
  }
  function getSize(){
    return $this->size;
  }
  function getPrice(){
    return $this->price;
  }
  function __destruct(){
    echo 'オブジェクトを破棄します'.PHP_EOL;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');
echo $fruit->getName().PHP_EOL;
echo '最後の行です'.PHP_EOL;

出力結果

$ php destruct_1.php
レモン
最後の行です
オブジェクトを破棄します

スクリプト終了と同時にオブジェクトが破棄されるため、デストラクタが呼び出され「オブジェクトを破棄します」と出力されていることがわかります。

destruct_1.php

次の例のように、unsetやnullを代入するとオブジェクトが破棄されるので、デストラクタはそのタイミングで呼び出されます。

destruct_2.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function __construct($name, $size, $price){
    $this->name = $name;
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
  function getName(){
    return $this->name;
  }
  function getSize(){
    return $this->size;
  }
  function getPrice(){
    return $this->price;
  }
  function __destruct(){
    echo 'オブジェクトを破棄します'.PHP_EOL;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');
echo $fruit->getName().PHP_EOL;
$fruit = null;
echo '最後の行です'.PHP_EOL;

出力結果

$ php destruct_2.php
メロン
オブジェクトを破棄します
最後の行です

destruct_3.php

<?php
class Fruit{
  private $name = null;
  private $size = null;
  private $price = null;

  function __construct($name, $size, $price){
    $this->name = $name;
    $this->size = $size;
    $this->price = $price;
  }
  function getName(){
    return $this->name;
  }
  function getSize(){
    return $this->size;
  }
  function getPrice(){
    return $this->price;
  }
  function __destruct(){
    echo 'オブジェクトを破棄します'.PHP_EOL;
  }
}

$fruit = new Fruit('メロン', '大', '1200円');
echo $fruit->getName().PHP_EOL;
unset($fruit);
echo '最後の行です'.PHP_EOL;

出力結果

$ php destruct_3.php
メロン
オブジェクトを破棄します
最後の行です

デストラクタは、「オブジェクトが破棄される際にログに書き出す」などに加えて、スクリプト終了時に確実に実行されることを利用して、開いたままになっているファイルを閉じるなどの使い道があります。

次の例で見てみましょう。

destruct_file.php

<?php
class File{
  private $handle = null;

  function __construct($path){
    $this->handle = fopen($path, 'r+');
    flock($this->handle, LOCK_EX);
  }
  function write($text){
    fwrite($this->handle, $text);
    return true;
  }
  function read(){
    $result = null;
    while ($line = fgets($this->handle)) {
      $result .= $line.PHP_EOL;
    }
    return $result;
  }
  function __destruct(){
    flock($this->handle, LOCK_UN);
    fclose($this->handle);
    echo 'ファイルを閉じて終了します。'.PHP_EOL;
  }
}

$file = new File('./written_file.txt');
echo $file->read().PHP_EOL;
$file->write('試しに書いてみます'.PHP_EOL);

二回続けて実行してみます。

出力結果

$ php destruct_file.php
元から書いてある文章


ファイルを閉じて終了します。
$ php destruct_file.php
元から書いてある文章

試しに書いてみます


ファイルを閉じて終了します。

このように、デストラクタでファイルロックを解除してクローズしておけば、オブジェクトが破棄される時にファイルがクローズされるため、「閉じ忘れて他の処理をしている間ずっとロックされたまま」といったことを防げます。

著者
原田 裕介(はらだゆうすけ)
株式会社ユーザーローカル
東京都在住。携帯のホームページ作成サービスでHTMLのコーディングを始めて、PHPerとなる。
株式会社ハッシュシステム代表取締役やtetolの立ち上げ、株式会社イードでニュースメディアの開発やエンジニア採用を経て、現在はアクセス解析ツールの開発を行いながら、個人でもWEBサービスの開発を行っている。PHP技術者認定上級試験の認定者でもあり、受賞歴はmixi scrap challenge優勝など。

 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています