PR

RAD開発の応用 - RESTを使ってつながるシステムに拡張する

2011年6月2日(木)
藤井 等

既存アプリケーション資産を活かすという選択

ソフトウエア開発の技術トレンドは、めまぐるしく変わります。ちょっと前まで最新だった開発技術が、すぐに(いい意味で)枯れた技術になったり、ほとんど見なくなったりと、諸行無常を感じずにはいられません。

しかし、最新トレンドを常に追いかけている研究者ならともかく、実際のシステムを開発、メンテナンスしていかなければならない現場の開発者にとっては、最新技術よりも、現在自分たちが抱えている技術のほうが重要です。システムは、5年、10年メンテナンスしていかなければならないので、ひとつの開発技術と付き合う時間も長く、案外保守的かもしれません。

既存システムをメンテナンスしていく立場からすると、現状を維持することが重要かもしれませんが、ビジネス側の視点に立つと、いかに変化に対応していくかが問われてきます。新しいビジネス要求にいかにスピーディーに対応できるか、それが求められているのです。

開発予算に余裕があった時代には、こうした変化に対応するために、「完全に新規の移行プロジェクト」を実施していました。既存システムを新しいテクノロジーに完全に載せかえて新しい要求に対応し、時代にあったシステムに作り替えてきたのです。

でも、現在は厳しい経済環境から、開発予算も限られているケースが多く、なおかつスピードは要求されるという悩ましい状況です。このような中で選択されているのが、既存アプリケーション資産を活かすという道です。

エンバカデロの前身は、ボーランドの開発ツール部門であり、20年以上ソフトウエア開発にかかわってきましたから、既存アプリケーション資産を抱えたお客さまにお会いする機会が数多くあります。

その際、多くのお客さまは、最初に「完全な新規」か「既存システムの改修」の二者択一を検討しています。それに対し、既存システムの活かせるところはそのまま活かしながら、他のシステムへの接続性、連携性を加えることで、拡張性、柔軟性をもたらすアプローチを紹介しています。

2層から3層へ

従来型のクライアントサーバーアプリケーションは、社内の重要な業務を担っており、いまだに現役です。単一の業務で見れば十分な操作性、生産性を確保しているこれらのアプリケーションも、全体のプロセスから見ると十分ではありません。例えば、他のシステムにデータを転送しなければならないとか、リアルタイムに連携したいといった要求に応えられません。

このようなときに、クライアントアプリケーションの機能はそのままに、ロジック部分を分離して、中間層のサーバーに配置することで、他のシステムとの連携性、拡張性を備えるようにすることができます。

Delphiを用いた場合、クライアント側は通常のWindowsフォームアプリケーションになるわけですが、ここにあったデータベースアクセスやロジック部分を切り出して、サーバー側に配置することができます。

DataSnapと呼ばれるこの技術は、通常のDelphiアプリケーションと同じようにコンポーネント技術をベースとしていますので、比較的簡単にサーバー機能を構築できます。

Webサービスを使う

DataSnapは、Webサービスに対応しているので、Delphiクライアントに接続するだけでなく、他の言語で開発したクライアント、Webアプリケーション、あるいはWebサービスとして利用できる他のシステムの機能と接続できます。

DataSnapのWebサービスサポートでは、SOAPまたはRESTを使用できます。RESTは、機能を呼び出すのにURLをそのまま使うこと、XMLやJSONなどの形式でデータをやり取りすることなど、比較的シンプルであることからか、近年広く利用されるようになっています。

既存のDelphiアプリケーションの機能(もちろん新規も)をDataSnapを用いたRESTサーバーに配置することで、従来型のDelphiクライアントアプリケーションからだけでなく、さまざまな言語、プラットフォームからアクセスできるようになるのです。

エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表
千葉大学文学部行動科学科卒業。石油関連会社でGISなどの開発を経験したのち、1995年、ボーランドに入社。マーケティングとしてJava開発ツールJBuilderやVisiBrokerなどミドルウエア製品の立ち上げを行う。2008年7月、ボーランドの開発ツール部門を合併したエンバカデロ・テクノロジーズに移籍。2009年1月より日本法人代表を務める。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています