PR

NATの設定とトラブルシューティング

2015年6月1日(月)
内山 豊彦
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。
 
今回は、「NATの設定とトラブルシューティング」について説明します。
 

■NAT(Network Address Translation)の設定

ダイナミックNATの設定について例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック24章の問題6
 

※上記の問題6は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.661より抜粋。

 
ダイナミックNATの設定は、以下のように行います。
 
●グローバルアドレスのプールを作成:変換するためのグローバルアドレスを登録します。
Router(config)#ip nat pool 名前 スタートIP エンドIP {netmask マスク | prefix-length 値}
 
●標準IPアクセス制御リストを定義:NATを適用する内部ローカルIPアドレスを指定するために作成します。
Router(config)#access-list 番号 permit 送信元 ワイルドカードマスク
 
●ダイナミックNATの設定
Router(config)#ip nat inside source list リスト番号 pool 名前 {overload}
 
●インタフェースを指定:内部ローカル側と内部グローバル側のインタフェースを指定します。
Router(config-if)#ip nat inside ……内部ローカルネットワーク
Router(config-if)#ip nat outside ……内部グローバルネットワーク
 
次の図はダイナミックNATの設定例です。
 
ダイナミックNATの設定例
図1:ダイナミックNATの設定例
 
NATにおいてACL(アクセス制御リスト)には、NATによる変換対象を指定します。作成したリストをプールなどと関連付けることにより、NATを動作させます。ACLと関連付けるためのコマンドは、「ip nat inside source list リスト番号 ~」で行います。以上のことからこの例題の解答はaになります。
 

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

NATの設定とトラブルシューティング | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。