PR

VLANとVLANトランキングの設定と確認

2015年1月13日(火)
内山 豊彦
VLANは、ネットワークを論理的に構成するための技術であり、たとえば1つの物理的なネットワークを論理的に分割する、物理的に異なるネットワークを同一のものとして構成する、といったことを可能にします。VLANトランキングとは、複数のVLANからのトラフィックが1つのリンクを通過できるようにする手法です。
 
それでは今回も、その例題から見ていきましょう。関連事項の理解ができていなければ、この記事の末尾で紹介する書籍を参照するなどしてください。その後で例題を実際に解いてから、解説を読むようにしましょう。
 

■DTP(Dynamic Trunking Protocol)

VLANトランキングの設定方法ついて例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック9章の問題5

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.233、p.234より抜粋。

 
この例題は、インタフェースに自動でトランキングするときの設定を問うものです。
 
●DTP(Dynamic Trunking Protocol)
DTPとはCisco独自のプロトコルであり、自動でトランキングの状態をネゴシエーションするためのプロトコルです。トランクポートでは、さまざまなインタフェースのモードをサポートしています。たとえば、トランクポートに設定したFastEthernet 0/1のポート状態を表示した例は、次のとおりです。
 
トランクポート設定を表示
 
●インタフェースモード
インタフェースモードには、次のようなものがあります。
 
・trunk…対向に関わらずネゴシエーションを行います(trunkがonの状態)。
・dynamic desirable…対向がtrunk、desirable、autoの場合にトランクになります。
・dynamic auto…対向がtrunk、desirableのみトランクになります。
 
設定は、次のコマンドで行います。
 
Switch(config)#interface インタフェースID
Switch(config-if)#switchport mode trunk…onの状態
Switch(config-if)#switchport mode dynamic desirable…desirableの状態
Switch(config-if)#switchport mode dynamic auto…autoの状態
 
この例題の場合、対向のスイッチ1ではdynamic autoに設定されています。ネゴシエーションするためには、スイッチ2はtrunkまたはdynamic desirableに設定する必要があります。以上のことから、この例題の解答はaとcになります。次の表示結果は例題の設定を行ったものです。
 
例題の設定を行うためのコマンド
  • 1

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています