PR

NATの概念[グローバルアドレスとローカルアドレスの静的/動的変換]

2015年5月25日(月)
内山 豊彦
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。
 
今回は、「NATの概念」について説明します。プライベートアドレスからグローバルアドレスに変換する技術について解説します。
 

■NAT(Network Address Translation)の概念

まずは、例題を使用してスタティックNATの仕組みについて説明します。
 
公式ガイドブック24章の問題4
 

※上記の問題6は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.660より抜粋。

 
スタティックNATとは、1つの内部ローカルアドレスと1つの内部グローバルアドレスを対応させてNATの変換を行うことです。スタティックNATの設定は、以下のように行います。
 
●NAT変換テーブルに登録:対応させる内部ローカルアドレスと内部グローバルアドレスを登録します。登録されたアドレスのみが変換に使用されます。
 Router(config)#ip nat inside source static <ローカルIP> <グローバルIP>
 
●インタフェースの指定:内部ローカル側と内部グローバル側のインタフェースを指定します。
 - 内部ローカルネットワーク
 Router(config-if)#ip nat inside
 - 内部グローバルネットワーク
 Router(config-if)#ip nat outside
 
以上のことから、上記の例題の解答はcになります。NATテーブルエントリはスタティック(手動)で設定されます。aは、ダイナミックNATのケースです。ダイナミックNATでは最初のパケット通過時にNATテーブルエントリが作成されます。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています