PR

スイッチによるフレーム転送先を予測[ポートセキュリティとMACアドレステーブルの表示]

2015年2月2日(月)
内山 豊彦
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。今回は、「スイッチによるフレームの転送先を予測すること」を目的としています。そこで、この目的の達成に不可欠なMACアドレステーブルについて解説します。MACアドレステーブルにはどのような情報が設定されているのか、といった点も含めて見ていきましょう。

■ポートセキュリティで学習したMACアドレス

まずは、ポートセキュリティで学習したセキュアMACアドレスの例題を基に解説を進めていきます。
 
公式ガイドブック10章の問題6

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.266より抜粋。

 

●show mac-address-tableコマンドの特徴

show mac-address-tableは、スイッチがスタティックまたはダイナミックで学習したMACアドレスと対応するポートを表示するコマンドです。サブコマンドでdynamicを付けると、MACアドレステーブルの情報のうち、ダイナミックで学習したものを表示し、staticを付けると、スタティックで学習したものを表示します。
 
今回の例題は、ポートセキュリティで学習したエントリーが対象となります。ポートセキュリティで学習したMACアドレスは、ダイナミックに学習した場合であってもそのMACアドレスを管理することになるため、スタティックで学習したものとみなされます。そのため、サブコマンドでdynamicを設定した場合、ポートセキュリティで学習したものは表示されません。
 

●show mac-address-table dynamicコマンドの実行例

show mac-address-table dynamicコマンドの実行例
 

●show mac-address-tableコマンドの実行例

show mac-address-tableコマンドの実行例
 
上の2つの表示結果を確認してみると、両者の違いは、Fa0/2のポートでMACアドレスが学習されているか、学習されていないかです。Fa0/2インタフェースは、ポートセキュリティが設定されています。以下のように、show port-securityコマンドでポートセキュリティの設定を確認してみます。
 
show port-securityコマンドの実行例
 
この結果から、Fa0/2のインタフェースにポートセキュリティが設定されていることがわかります。また、MACアドレステーブルを見ると、Fa0/2のインタフェースはタイプが「STATIC」になっていることがわかります。以上のことから、bとcが正解になります。ダイナミックは表示されないため、aは間違いです。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています