PR

FlexでFlashコンテンツを作ろう

2008年7月16日(水)
高橋 義博

MXMLとActionScript 3.0について

 第1回(http://www.thinkit.co.jp/article/102/1/)、第2回(http://www.thinkit.co.jp/article/102/2/)とFlex Builder 3の概要と使用方法を説明してきました。今回は、Flex Builder 3でFlashコンテンツを作成する方法について説明していきます。

 前回までは、簡単なFlashコンテンツを作成する方法やMXMLの説明をしてきました。まだ、ActionScript 3.0に関しての説明をしていませんので、今回は、ActionScript 3.0を利用したコンテンツ制作について説明していきます。

 Flex Builder 3で、ActionScriptを使用する場合には、MXML内に記述する方法と外部ASファイルとして利用する方法の2種類がありますが、本連載では分かりやすいMXML内に記述する方法を使っていきます。

 MXML内にActionScriptを記述する場所ですが、の間に記述します。これはXHTMLにJavaScriptを記述する際に利用する

ActionScriptでラベル表示

 コンポーネント・パネルから「Button」と「Label」を画面中央の「デザインエリア」にドラッグ&ドロップしてください。配置した「Label」コンポーネントを選択し、画面右側「Flexプロパティ→共通→ID」を「msg」にし、「文字」の内容を削除してください。

 表示モードを「ソースモード」を切り替え、図1のようにActionScriptを入力します。の間に記述されている内容がActionScriptの記述となります。こちらの内容は、ID「msg」が設定されている「Label」コンポーネントに対して、「Flex Builder 3」という文字を表示するという処理「labelView()」を設定しています。
この処理「labelView()」をボタンクリックしたら実行するように「click="labelView()"」に設定しています。

 ActionScriptの前後に、の記述がありますが、この記述はXML内にスクリプトコードなどテキストを記述する際に必要なCDATAセクションというものになります。このCDATAセクションは、

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています