PR

Flex Builder 3って何ができるの?

2008年7月2日(水)
高橋 義博

Adobe Flex Builder 3ってどんなソフト?

 AIRの日本語版がリリースされ、AIRを使ったRIA(Rich Internet Application)の注目度はますます高くなっています。

 本連載では、AIRやFlex Builderに興味はあるけど、ちょっと敷居の高さを感じでいる方々に向けて、Flex Builder 3を使ったAIRアプリケーション作成方法を紹介していきます。

 まずは、本連載のテーマでもあるFlex Builder 3がどんなことができるソフトなのかについて紹介しています。

 Flex Builder 3は、Webデザイナーの方々に分かりやすく例えると、タイムライン(時間軸)の無いFlash CS3というイメージになります。Flashは、もともとアニメーション開発を意識したツールであるため、タイムラインがあります。しかし、ユーザがさまざまな操作を行うWebコンテンツやWebアプリケーションでは、タイムラインよりもイベント(ボタンをクリックするなど)を意識した開発が必要となってきます。

 そこで、アプリケーション開発経験者の方でも使いやすいFlashコンテンツ開発用ツールとして、開発されたのがFlex Builderです。

Flex Builder 3で作成できるコンテンツ

 上記の説明にもありますように、Flex Builder 3はFlashコンテンツ作成用のツールとして開発されました。そのため図1のように、Flex Builder 3とFlash CS3で作成できるファイルは同じになります(Flash CS3でAIRアプリケーションを作成するには、Flash CS3をアップデートする必要があります)。

 開発言語がActionScript3.0と共通な部分があるのですが、制作内容で2つのツールには下記のような違いがあります。

Flex Builder 3:MXML+ActionScript3.0
Flash CS3:タイムライン+描画+ActionScript3.0

 Flex Builder 3のMXMLですが、こちらはXHTMLのようなマークアップ言語になります。つまり、MXML(マークアップ言語)+ActionScript(スクリプト言語)という組み合わせで、コンテンツを制作していきます。そのため、制作作業という観点から見ますと、XHTML(マークアップ言語)+JavaScript(スクリプト言語)で制作を行うDreamweaverに近いツールになります。制作作業については、2回目以降で説明していきますので、まずはFlex Builder 3をインストールしてみましょう。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています