PR

FlexでAIRアプリを構築するには?

2008年7月23日(水)
高橋 義博

Adobe AIRについて

 前回までは、Flex Builder 3でSWFコンテンツ作成の説明をしてきました。いよいよ、今回はAIRアプリケーションの作成について説明します。

 アドビ システムズ社より、2008年6月17日に日本語環境に対応したAIR 1.1がリリースされました。日本語に対応したことにより、日本での利用者が大幅に増えると予想されています。

 まずは、AIRについて簡単に紹介します。AIR(Adobe Integrated Runtime)とは、アドビ システムズ社が提供しているデスクトップアプリケーションの実行環境のことです。

 通常のデスクトップアプリケーションは、OSの種類に依存しますので、Windows用やMac用などのOSに応じたアプリケーション開発を行う必要がありますし、Windows用アプリケーションはMacでは動作しないという問題点もあります。しかし、AIRは各OSに提供されているため、AIR上で動作するAIRアプリケーションは、複数のOSで動作させることができます。

AIRの開発環境について

 AIRの特長の1つとして、Web技術を使ってデスクトップアプリケーションが開発できるという点が挙げられます。図1の開発環境は、アドビ システムズ社が提供している主な開発環境です(Flash CS3 ではアップデート、Dreamweaver CS3では拡張機能の追加が必要となります)。

 そのほかにも、無償Web制作ソフトAptana(http://www.aptana.com/)でもAIRに対応しています。このように、開発環境が充実している点もAIRの特長です。

 また、AIRアプリケーションでは、Webアプリケーションでは作成できないコンテンツを作成することができます。例えば、Webアプリケーションでは、セキュリティの観点からローカルPC上のデータへのアクセスが困難になっています。AIRアプリケーションはデスクトップアプリケーションですので、ローカルPC上のデータアクセスも容易にできますし、当然インターネットにアクセスすることもできますので、幅広いコンテンツを作成することができます。ですので、アイデア次第で面白いコンテンツを作成し、さまざまなユーザへ提供することができます。

 では、次のページでAIRのインストールについて説明します。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています