PR

RESTなWebサービスを作ってみる

2010年1月26日(火)
藤本 壱

Webサービスを作るのに必要な環境

今回は、「RESTなWebサービスの利用/開発」の最終回として、RESTを使ったWebサービスを作ってみる例を紹介します。PHP 5を使って、ブログ・ソフトの「WordPress」を操作し、投稿を追加/編集/削除できるようなWebサービスを作ります。サンプル・プログラムを用意しましたので、ダウンロードして試すこともできます(URLは文末)。

まず、Webサービスを作るために必要な環境(ソフトなど)をまとめます。

Webサービスは、一般的なWebアプリケーションと同様に、Webサーバー上で動作するプログラムの一種です。したがって、Webサーバー(Apacheなど)がまず必要です。また、Webサーバーと連携して動作するプログラム言語(PHP/Perl/Ruby/Pythonなど)も必要です。

また、Webサービスでは、クライアントとの間で、XMLをやり取りすることが多いです。したがって、プログラム言語には、XMLを処理する機能やライブラリがあることも必要です。

さらに、一般的なWebサービスでは、何らかの形でデータを蓄積します。自力でデータ処理のロジックを作ることも考えられますが、通常はMySQLなどのデータベースと連携することが多いです。

レンタル・サーバーなど、Webサイトの公開に使われているサーバーであれば、通常は上記の条件を満たしています。

WordPressの投稿を操作するWebサービスを作る

今回は、RESTによる基本的なWebサービスを作ってみます。その例として、ブログ・ソフトのWordPressを対象に、その投稿を操作するごくシンプルなWebサービスを作ります。

前回では、RESTなWebサービスにアクセスする方法を紹介し、その中で、Webサービスの動作の流れを見てきました。RESTなWebサービスでは、大まかに言えば、以下の3つの情報に基づいて適切にデータを処理し、結果をクライアントに返す、という処理を行います。

(1)アクセスされたアドレス
(2)HTTPのプロトコル(GET/PUT/DELETE/POST)
(3)アクセスの際に渡されたデータ

今回作るWebサービスでは、WordPressに投稿を新規作成したり、既存の投稿の編集/削除/取得を行ったりできるようにします。プログラムはPHP 5で作ることにします。

各操作の際のアドレスとプロトコルの仕様は、図1のようにします。投稿の作成と編集の際には、投稿のタイトルと文章を、リスト1のようなXMLでWebサービス側に送信することにします。また、投稿の作成/編集/取得の際には、操作した投稿の情報を、リスト2に示すXMLで出力します。

なお、話を分かりやすくするために、今回の記事では認証については触れません。実際にWebサービスを作る際には、何らかの形で認証を行うことが必要です(前回記事を参照)。
--------------------------------------------------------------------------------
【リスト1】 投稿の作成と編集の際に送信するXML
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"??>

投稿のタイトル
投稿の文章


【リスト2】 操作した投稿の情報を表すXML
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"??>

1
投稿のID
投稿のタイトル
投稿の文章

--------------------------------------------------------------------------------

次ページからは、このXMLメッセージをRESTでやり取りするサンプル・アプリケーションを作成していきます。

1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています