PR
連載 [第126回] :
  週刊VRウォッチ

Facebookの新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」今春発売 国内価格は49,800円

2019年3月25日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関するニュースが多数報じられました。なかでもサンフランシスコで開催されたGDC 2019にて発表された新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」は大いに注目を集めました。

Oculus Rift Sは、2016年3月に発売されたOculus Riftの改良型デバイスです。外部センサーを排した「インサイドアウト方式」を採用するなど、過去に「使いやすさ」の面で課題と指摘されていた点を解決しています。

Oculus Rift Sがお披露目されたプレス向けイベントでは、フェイスブックのVRプロダクト部門を率いるネイト・ミッチェル氏が登壇。Rift Sを「Riftの次のステップだ」と語りました。

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculusは、サンフランシスコで開催されたGDC 2019にて、PC向け新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」を発表しました。発売は2019年春の予定。価格は399ドル(日本国内向けの価格は49,800円)と発表されています。

Rift Sは、外部センサー不要のトラッキングシステム「Oculus Insight」を採用。手のトラッキングを担う新型Touchコントローラーは、一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」とRift Sの両機種で利用可能です。推奨PCスペックはRiftと同様で、互換性もあります。

本ニュースの詳細はこちら:
Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売
https://www.moguravr.com/oculus-rift-s-3/

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 左右各2Kで価格は600ドル

HPは、PCに接続して使用する新型のVRヘッドセット「Reverb」を発表しました。2017年末に発売されたWindows Mixed Realityヘッドセット(WinMRヘッドセット)の新型となります。左右それぞれ約2Kの高解像度が特徴で、2019年4月下旬に発売されます。

解像度は左右でそれぞれ2160×2160と、初代の1440×1440から向上しました。全体のピクセル数は2.25倍に増加しています。一方リフレッシュレートは90Hzを維持し、初代と同程度の視野角を維持しています。ヘッドホンが一体型となるなど、デザインは大幅に変更になりました。装着方法は左右と頭頂部のマジックテープで行います。重量は500gです。

本ニュースの詳細はこちら:
HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル
https://www.moguravr.com/hp-reverb/

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等は2019年内に対応

様々なVR/ARプラットフォームでのデバイス・アプリ間の仕様を標準化する「OpenXR」の暫定仕様が公開されました。

OpenXRは様々なVR/ARプラットフォームでのデバイス・アプリ間の仕様を標準化する取り組みです。OpenXRにより標準化が進むと、アプリケーションデベロッパーは、現在はデバイスごとに必要となっている、アプリのコード調整が不要になります。またデバイスメーカーはどのランタイムにも対応可能になります。さらにVR/ARランタイムベンダーも、対応できるアプリとデバイスが増加します。

今回の公開と合わせ、すでにマイクロソフトのWindows Mixed Reality(MR)ヘッドセット等が開発者向けに対応を開始しています。またEpic Gamesのゲームエンジン「Unreal Engine」やOculusも、2019年中のサポートに向けて進めています。

本ニュースの詳細はこちら:
VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応
https://www.moguravr.com/openxr/

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

任天堂株式会社は、「Nintendo Labo」シリーズの新作「Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドー ラボ VRキット)」の紹介動画を公開しました。VRゴーグルの組み立て方から各Toy-Conの遊び方が紹介されています。

動画では64種類のVRゲームを体験できる「VRひろば」も紹介。Joy-Conで直接操作するものからToy-Conを使用するものまで様々な遊びが用意されています。また、シンプルなプログラムを使って自分でVRゲームを作れる「Toy-ConガレージVR」など、体験できるすべての「遊び」が紹介されています。

本ニュースの詳細はこちら:
任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる
https://www.moguravr.com/nintendo-labo-vr-kit/

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第146回

デバイス不要のVR世界を目指す米企業が30億円の資金調達へ

2019/8/19
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第145回

サムスンが「スマートコンタクトレンズ」特許取得 周囲の撮影も可能

2019/8/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第144回

VR/AR標準仕様「OpenXR」正式公開へ Oculus等が対応

2019/8/6
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています