PR

KubeConサンディエゴ最終日のキーノートはカオスエンジニアリング

2020年3月4日(水)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
サンディエゴで行われたKubeCon最終日にカオスエンジニアリングがキーノートに登場した。

2019年11月にサンディエゴで開催されたKubeCon North Americaの最終日、午前中のキーノートにアメリカの量販大手Targetがユースケースとして登壇した。内容は、カオスエンジニアリングを専業とするGremlinとの共同の事例紹介である。

筆者はクラウドネイティブなコンピューティングシステムとしてカオスエンジニアリングに注目しており、2019年3月に開催されたOpen Source Leadership SummitではCNCFのCTOであるChris Aniszczyk氏にCNCFにおけるカオスエンジニアリングの位置付けについて質問したことがある。その際の回答は、「カオスエンジニアリングはCNCFではワーキンググループとして議論されている、インキュベーションプロジェクトとしてホストするには時期尚早」というものだった。その時から約半年を過ぎて、Targetというエンタープライズ企業がカオスエンジニアリングを実践していることを受けて、カオスエンジニアリングをKubeCon参加者に紹介する必要があるということで、今回のキーノート登壇ということとなったのであろう。

カオスエンジニアリングは動画配信サービスのNetflixが社内で開発していたChaos Monkeyというツールが最初の実装と言われているが、より広くカオスエンジニアリングを理解するためにはそのコンセプト自身を理解するべきだろう。日本語のドキュメントも用意されているので参照されたい。

参考:カオスエンジニアリングの原則

ここで特徴的なのは「本番環境での実行」という部分だろう。意図的にシステムを壊してその復旧を自動化するという部分において、常にソフトウェアの更新が行われているアジャイル、DevOpsの環境では意図的にシステムを停止させたり、壊したりする実験をテスト環境に対して行っていても意味がないというのはその通りだ。またその前提としてソフトウェアの開発から配備までが自動化されていることがあるのは、未だにアジャイル開発、DevOpsが実装されていない日本のエンタープライズ企業においては注意すべきポイントだ。

まだDevOpsなどが実装されていない企業においては、テスト環境でカオスエンジニアリングを実験してみるというのが前段階としては必要であろう。

またゲームデイというコンセプトで「カオスエンジニアリングを実験する日を決めて集中的に開発チームと運用チームが協力しあう」という方法論もツールの枠を超えてユニークである。

前置きが長くなったが、今回のキーノートを紹介しよう。

TargetとGremlinによるキーノート

TargetとGremlinによるキーノート

まずカオスエンジニアリングの定義という意味で、ここでは「カオスエンジニアリングはシステムの弱点を発見するための計画された実験である」であるとして、単にシステムを壊すためのツールではないことが強調された。

Targetによるカオスエンジニアリングの定義

Targetによるカオスエンジニアリングの定義

またカオスエンジニアリングを実施する際のポイントとして、「仮説を立てること」「実験すること」「結果を分析すること」「適用領域を拡げること」最後に「その結果を共有すること」を挙げて、計画的、組織的に取り組むべきであると解説した。最後の共有は外部への共有という意味ではなく、組織内の開発、運用、ビジネスに責任を持つ部門すべてのステークホルダーがその結果を共有することで、よりよいシステムの実現に近づけるという意味である。

Targetの規模について解説したこのスライドでは、2箇所のデータセンターで5000以上のアプリケーションが稼働していることを紹介。これによりTargetが全米に1800店舗を持っている大手であることがわかる。日本のユニクロの国内の店舗数が約900であることを考えると、日本の約25倍の面積を持つアメリカに、2倍の規模で店舗が配置されている規模感である。

Targetが巨大なIT資産を持っていることを紹介するスライド

Targetが巨大なIT資産を持っていることを紹介するスライド

そして2017年から段階的にカオスエンジニアリングの導入が開始され、最終的に自動化が行われるのが2020年という予定になっていることも紹介された。

2017年から2020年まで段階的に導入

2017年から2020年まで段階的に導入

またTargetでは、カオスエンジニアリングをTRAP(Target Resiliency Automation Platform)と名付けてシステムの一部に取り込んでいることも紹介された。

「罠(トラップ)」と命名されたTargetのカオスエンジニアリングプラットフォーム

「罠(トラップ)」と命名されたTargetのカオスエンジニアリングプラットフォーム

社内への啓蒙のために作られたと思われるレストランのメニューを模したカオスエンジニアリングのアタックの内容を紹介したスライドでは、この後デモで実行されるレイテンシーの追加や「ブラックホール」と呼ばれる特定のトラフィックをすべて消してしまうアタックなどが紹介された。

Targetが実装するアタックのメニュー

Targetが実装するアタックのメニュー

システムのシャットダウンだけではなく、システムの時間を変えるなどと言った細かい不具合も織り込まれている辺りに、多くのシステムにおいてカオスエンジニアリングを実装してきたGremlinの経験が活かされているように思える。

またKubernetes環境においては、リソースを消費させてオートスケーリングが実行されるかを試すアタックとネットワークにレイテンシーを追加したり、パケットを故意にロスさせたりするアタックによって、「どのプロセスがどのような影響を受けるのか?」を検証することが推奨された。

Kubernetes環境で推奨されるアタック

Kubernetes環境で推奨されるアタック

最後に今後のTargetの方向として、利用の拡大、本番環境での実施、機械学習の応用などが解説された。「カオスエンジニアリングにおけるOKR(Objective and Key Result)の拡大」としてGoogleやIntelなどが利用している目標設定の指針が使われていることにも注目したい。

Targetにおけるカオスエンジニアリングの今後の予定

Targetにおけるカオスエンジニアリングの今後の予定

デモは、特定のプロセスに対してレイテンシーを追加することで、ユーザーの体験がどれだけ変わるのか? を見せた形になった。ここで興味深いのは、Gremlinのダッシュボードからは1秒の遅延を加えただけなのに、全体として1秒以上の遅延が再現されたことだ。一つのプロセスのへ悪影響が、依存関係にある他のプロセスに対しても伝搬していくことが明らかになったというわけだ。この辺りからも、複数のPodが連携して稼働するKubernetesの複雑さが目の当たりになる場面となった。

実際のセッションは20分程度なので、ぜひ動画を見て内容を確認して欲しい。

3日目に行われたカオスエンジニアリングのキーノート:Keynote: Finding the Joy in Chaos Engineering - Ana Medina & Lenny Sharpe

最後にFNLの伝説的なヘッドコーチであるMarv Levyの言葉、「There will be many failures sprinkled among the success you enjoy(輝かしい成功の中には多くの失敗が散りばめられている)」を引用して、失敗することの重要性を説いてステージを降りた。3日目のキーノートにカオスエンジニアリングが紹介されたことで、CNCFにおいてもカオスエンジニアリングの重要性が認識されてきたことを感じたキーノートとなった。

ちなみにGremlinは展示ブースでも大人気で、キャラクターの顔を模したぬいぐるみがみるみるうちになくなっていったことからも分かるように、悪さをする、モノを壊すというキャラクターとして大成功していることはメモしておきたい。

ブースで配布されていたノベルティ

ブースで配布されていたノベルティ

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第9回

写真で見るKubeCon North America 2019ショーケース

2020/3/18
メジャーなプレイヤーからベンチャー、エンドユーザーまで参加して賑わったKubeConのショーケースを紹介する。
クラウドイベント
第8回

KubeCon North America:座談会で見えてきた退屈なKubernetesの次の世界

2020/3/11
KubeConサンディエゴで日本人エンジニアと座談会を実施。退屈に見えてきたKubernetesの世界は、今後どうなるのかを語ってもらった。
クラウドイベント
第7回

KubeCon@San Diego前日に開催のOpenShiftのコミュニティイベント

2020/3/6
Red HatがリードするKubernetesのディストリビューションOpenShiftのコミュニティイベントが、KubeConのプレカンファレンスとして開催された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています