PR

何が知りたいのかを明らかにする(リサーチクエスチョン)

2020年9月16日(水)
羽山 祥樹 (はやま よしき)

はじめに

前回は「ユーザーの発言を『そのまま』信じてはいけない、『抽象化』して信じられるようにしよう」というお話しでした。

ユーザーインタビューをするにあたって、ユーザーに、どのような話を聞いていけば良いのでしょうか。インタビューで、プロダクトの改善に役立てるような話を引き出すには、何を質問していけば良いのでしょうか。それには、まず「何が知りたいのかを明らかにする」ことです。

何が知りたいのかを明らかにする
(リサーチクエスチョン)

まず、ユーザーインタビューを通じて、何を明らかにしたいのか、はっきりさせます。

この調査で明らかにすべき命題を「リサーチクエスチョン」と呼びます。インタビュー初心者にとって、リサーチクエスチョンをうまく定義することは意外と難しいようです。即物的な問いを立ててしまうと、インタビューした後になって「問いへの答えはわかったけど、これをどうプロダクトに活かせば良いのか分からない」ことになります。

では、どのような粒度が望ましいのでしょうか。例として、あなたが「資格取得のアプリを改善したい」として考えてみましょう。「資格取得」とは、TOEICや情報処理技術者試験などを思い浮かべてください。

一番に思いつくのは、「自分の資格取得のアプリを使った感想を知りたい」というものです。それは、ひとつの観点としては良いでしょう。しかし、リサーチクエスチョンとしては、やや狭くとどまっているような感じがあります。

「リサーチクエスチョン」に望ましい「問い」の粒度がある

そもそも、なぜ「ユーザーはあなたのアプリを使う」のか

具体的に説明していきます。前述したように「自分の資格取得のアプリを使った感想を知りたい」をリサーチクエスチョンにしたとします。これを知るためには、どんなインタビューをすれば良いでしょうか。例えば、次のようなものが浮かびます。

  • このアプリのトップ画面を見て、どう思いますか?
  • このアプリで便利だったところはどこですか?
  • このアプリで不便だったところはどこですか?
  • このアプリにあると良いと思うものは何ですか?

これらの質問には「根本的な抜け」があることにお気づきでしょうか。そもそも、なぜ「ユーザーはあなたのアプリを使う」のか、という観点です。

そもそも、なぜ「ユーザーはそのプロダクトを使う」のか?

資格試験の受験者には5つの心理が混在

実際に資格試験を受けるユーザーのモチベーションをユーザーインタビューで調査してみると、5つの心理が混ざりあってできていることが分かりました。

  • 心理1. 低リスク(労力、時間、金銭)で合格したい心理
  • 心理2. 合格よりも専門知識を得ることを大切にしたい心理
  • 心理3. 会社や周囲の人に認められたり出世したい心理
  • 心理4. 就職や転職に役立つことを期待する心理
  • 心理5. 資格によって人生を豊かにしたい心理

以下の資料は、過去に著者がその調査を行った報告レポートの一部です。

「資格を取ろう」と思うモチベーションの調査結果

例えば、英語の資格であればTOEICと英検が有名です。TOEICを受ける人も入れば、英検を受ける人もいて、どちらにしようか迷う人も、両方受ける人もいるかも知れません。

ユーザーが「就職活動のために資格を取りたい」と思っていたとして、それが就職活動に役に立つ資格であれば、ほかのものでも良いかも知れないのです。「資格を取ろう」と思うとき、ユーザーの頭のなかには、TOEICと英検だけでなく、簿記やファイナンシャルプランナーなど、幅広い選択肢が浮かんでいることがあります。

また「資格によって人生を豊かにしたい」と望む人の視点でTOEICの公式サイトを見ると、「語学サポートボランティア」というコンテンツがあることに気がつきます。もしあなたが「就職や転職」という視点だけでアプリを作っていたのなら、そのほかのユーザーの心理を取りこぼすことになります。

ユーザーは複数の心理を行き来している

先に「ユーザーのモチベーションは5つの心理が混ざりあってできている」と述べました。ユーザーの心理は、どれかひとつだけ、ということはありません。ひとりの人間の中で複数の心理がせめぎあっています。

例えば、TOEICを受験するとき、あなたの脳内には、次のような思考が起こるかもしれません。

「TOEICでも受けてみようかな。会社の推奨資格だし(心理3)、合格すれば査定も良くなるし(心理3)。でも、受験すると 1日つぶれるな(心理1)。受験料は6,500円か(心理1)。教材って3,000円もするんだ(心理1)。いやでも、試験で英語が学べたらうれしいな(心理2)。履歴書にも書けるし(心理4)。外国人と英語で喋れたらかっこいいよなあ(心理5)」。

このように、ユーザーはものすごい速さで複数の心理を行き来しています。そして、それぞれの心理を満たすべく、あなたのプロダクトを使ったり、他のWebサイトやアプリ、参考書、資格の学校、会社の支援制度、すでに合格している人の話を聞く…といった幅広い行動をとります。

ユーザーは複数の心理を行き来している

ユーザー体験はずっと前から始まっている

あなたにとっては自分のプロダクトがすべてでも、ユーザーにとっての「資格取得の体験」は、あなたのプロダクトに触れるずっと前から始まっています。ユーザーにとって、あなたのWebサイトは、もっと広いひとつなぎの行動のなかの一部でしかないのです。

その一連の世界観の中で「ユーザーは、なぜそのプロダクトを使うのか、そのモチベーションや目的はなにか」が分かって、初めてプロダクトが提供すべき価値がはっきりします。

ユーザーの体験は、あなたのプロダクトに触れるずっと前から始まっている

望ましいリサーチクエスチョンとは

したがって、リサーチクエスチョンとして掲げる「問い」は、「自分の資格取得のアプリを使った感想を知りたい」といった自分目線のものではなく、「資格を取得したいと思うきっかけはなにか」というような、ユーザーがいる心理世界の全体を捉えるようなものが望ましいです。

リサーチクエスチョンは、ユーザーの心理世界の全体を捉えるようなものが望ましい

このような「より上位の問い」から始めるのは、いわゆるシステム開発の考え方とは一線を画するところです。改善したいと思っている対象だけを調べているのでは、足りないのです。

今回は、インタビュー調査のはじめの一歩として「リサーチクエスチョン」を適切に立てる、というお話しをしました。次回は、ユーザーインタビューをするために「話を聞くユーザーをどのように探すか」という点について触れていきます。

著者
羽山 祥樹 (はやま よしき)

インフォメーションアーキテクト。使いやすいウェブサイトを作る専門家。担当したウェブサイトが、雑誌のユーザビリティランキングで国内トップクラスの評価を受ける。専門は人間中心設計(HCD)、ユーザーエクスペリエンス(UX)、情報アーキテクチャ(IA)、アクセシビリティ。HCD-Net認定 人間中心設計専門家。CNET Japanブロガー。また、大規模CMSのエバンジェリストも努める。

翻訳書に『メンタルモデル ユーザーへの共感から生まれるUXデザイン戦略』『モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド』(いずれも丸善出版)がある。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています