PR

使いやすい食器洗い機のモデル

2008年4月25日(金)
清水 英一

食器洗い機を拡張しよう

第3回:キッチンから学ぶUMLの勘所」では「Dishwasher」という1つのクラスを作成し、状態マシン図を用いてその振る舞いを定義してきました。今回はそのクラスをベースに、操作パネル(FrontPanel)と駆動モーター(Motor)を加えた/意識した食器洗い機システムを作成したいと思います。

早速、食器洗い機システムの構造を拡張するため、クラス図に変更を加えたいと思います。図1(左上)に拡張したクラス図を示します。ここでは食器洗い機の操作を容易に行わせるために、「FrontPanel」を追加しました。このFrontPanelは、今後の機能拡張も見込んで、本体であるDishwasherとは別のクラスにしたいと思います。

FrontPanelからDishwasherを操作するために、それらの関係を方向付き関連で結びました。これでFrontPanelからDishwasherの各機能を呼び出すことができます。次にDishwasherは駆動モーターで動作しますので、その仕組みを表したいと思います。Dishwasher1つにつき、Motorを1つ内蔵することにします。Dishwasherは1つの「Motor」を含みますので、その関係を方向付き集約を使って表現しました。


(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

FrontPanelの振る舞いを定義

FrontPanelにも状態マシン図を使って、振る舞いを定義します。図1(右上)に示すように常に状態はidle状態とし、ユーザがFrontPanelにあるボタンを押された場合、「evKeyPress」イベントが発生することにします。イベントの処理は、操作「processKey(params->key)」で行うこととします。

内部処理では、ユーザが押したキーの情報は操作の引数として渡されます。状態マシン図の「params->key」と図1(下)の「aKey」は同一のものです。aKeyには、0~xまでの数字が入力されます。

0~4の範囲のいずれかを入力された場合、それぞれのキーに割り当てたDishwasherの機能を呼び出すために、Dishwasherに対してイベントを送ります。1つ例を挙げますと、オブジェクト「itsDishwasher」に対して、evStartのイベントを送信した場合、「Telelogic Rhapsody」では、「itsDishwasher->GEN(evStart)」と書きます。先のparams、GENマクロ、オブジェクト(itsDishwasher)と表現するのは、固有の表現になります。

日本テレロジック株式会社
モデリングソリューションズプロダクト事業部 アプリケーションエンジニア。日本テレロジックにおいて、モデリングソリューションズプロダクト事業部に所属するエンジニアとして、組み込み開発向けモデリングツールTelelogic Rhapsody、制御システムビジュアル開発環境ツールTelelogic Statemateなど、モデリングに関しての幅広い営業技術支援、製品サポートおよびコンサルティングサービスのオペレーション、特に、自動車業界向けモデリング、家電(CE)業界向けモデリングを中心に担当しています。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

使いやすい食器洗い機のモデル | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。