PR

if文による条件分岐を学ぼう!

2008年6月17日(火)
米倉 明男

使い終わったonEnterFrameは?

 前回、連続した位置移動を行うためにonEnterFrameを解説しました。前回のサンプルでは「目的地 / targetX」への「距離 / distanceX」を5分の1ずつ縮めていくことで、なめらかなイージングを表現しました。この方法では一見「距離 / distanceX」が「目的地 / targetX」に到達しているように見えるのですが、実際にはdistanceXが完全に0になることはありません。差が縮まったインスタンスがどのような動きをとっているか、trace関数を使って確認していきましょう。

 trace関数は実行中の処理を「出力パネル」にメッセージとして表示させることができます。trace()の引数に変数を入れることで、ムービーの動作状況を確認できるため、ActionScriptのコーディング作業ではよく使います。

 ムービープレビューで確認すると「距離 / distanceX」は0.199999999999989でループし続けます。distanceXが完全に0値につけかず、そのまま連続再生が続くからです。連続再生のonEnterFrameは対象のインスタンスが役目を終えてしまっても、onEnterFrameの停止の命令を行わない限り連続再生し続けます。サンプルファイルはこちらからをダウンロード(http://www.thinkit.co.jp/images/article/81/3/8131.zip)できます(8131.zip/25.5 KB)。

 これはPCの処理を無駄に使用することとなり、Flashの処理速度にも影響します。常に動き続けているか、もしくはイベントが発生するタイミングを待つムービークリップの場合を除いて、使う予定がなくなったonEnterFrameは止めるように心がけましょう。

 そして次にプログラミング言語に必要とされる「if文」を学び、条件分岐によって実際にonEnterFrameを止めてみます。

if文を学ぶ

 プログラミングでは処理の中で、条件を分岐する場合があります。この時に条件式に見合わせて、「条件に合う場合」に行う処理と、「条件に合わない場合」に行う処理という分け方を行います。

 条件が1つの場合で、条件に合う時に実行する処理はリスト1になります。

 また、条件式に合わない場合の処理を付け加えることも可能です(リスト2)。

 さらに、条件式を増やしていくこともできます(リスト3)。

Webデザイナー。印刷会社、Web制作会社などのデザイナー/ディレクターを経て、2007年からフリーランスとして活動。デジタルハリウッド講師。http://www.morethanwords.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています