PR

基本をしっかり学ぼう!

2009年3月12日(木)
須田 超一

連想配列

 第2回では、PHPを扱うために最低限知っておかないといけない項目を扱います。本記事を読み終えると、プログラムの細部がどうなっているのか分かってきます。

 まずは、連想配列から解説しましょう。連想配列は、「配列」という名前がついているくらいなので、配列です。

 配列との違いは、添え字に英数字が使えるというところです。前回の復習になりますが、配列は、変数名に数字の添え字が付きます。

 例えば、$flower[0]、$flower[1]、$flower[2]・・・といった形式になります。また、連想配列は、添え字にJapan、Chinaといった英数字を使うことができます。

$capital["Japan"], $capital["China"], $capital["Korea"]・・・・

 また、連想配列のことを「ハッシュ」と呼ぶ場合も多いので覚えておきましょう。

 連想配列に値を入れる時は、配列の説明の時と同じように2通りの方法があります。

 1つ目は下記のようにイコールを使って代入する方法です。

$capital["Japan"] = "東京";
$capital["China"] = "北京";
$capital["Korea"] = "ソウル";

 連想配列の添え字(Japan、Chinaなど)は、キーと言い、東京、北京、ソウルは値となります。

 もう1つはarray関数を使う方法です。

$capital = array("Japan" = > "東京", "China" => "北京", "Korea" => "ソウル");

 array関数の中に、連想配列の「キー」と「値」を「=>」を使ってつなげ、配列を作っていきます。連想配列へ値を代入する方法は、これら2つの方法がありますが、表現形式が違うだけで、内容は同じです。

for文

 for文は、繰り返し処理に使われる制御文です。プログラムには、同じ事の繰り返しを、簡潔に表示する仕組みがあります。例えば、$flowerの中のデータを表示させたい場合は、下記のように書きます。

echo $flower[0];

 下記のように繰り返し記述することもできます。

$flower = array("ひまわり","チューリップ","バラ");
echo $flower[0];
echo $flower[1];
echo $flower[2];


 表示する数が少なければ問題ないのですが、出力する数が100個、200個という数になると、単純なecho文の繰り返しでは厳しくなってきます。

 そんな時に用意されているのが、for文です。先ほどと同じ事をfor文を使って記述してみたものが下記になります。

$flower = array("ひまわり","チューリップ","バラ");
for ($k=0; $k   echo $flower[$k];
}

 for文は、下記のような形式で書きます。

for (式1; 式2; 式3) {
  //繰り返し処理したい項目
}

 for文の処理の流れを分かりやすくしたものが図1です。図1の式1はfor文が開始するときに一度だけ評価されます。この場合、$k=0が評価されることになるので、$kに0(ゼロ)が代入されます。

 次に、for文の中の処理に入る前に、式2が評価されます。式2が正しければ(trueと表現します)、繰り返し処理が実行されます。式2では、$k
 繰り返し処理の各回が終わると、式3が評価されます。$k++は、$kに1を足すという意味です。

 このようにして、式2が評価され、trueなら、繰り返し処理が実行され、次に式3が評価され($kが1多くなる)、また式2が評価され、trueならまた繰り返し処理を継続します。

 $kが2になるまで繰り返し処理が実行されて、$kが3になった段階で、式2の条件($k

株式会社ITコア R&Dグループリーダー/有限会社グローバルイーネットワーク 代表取締役

有限会社グローバルイーネットワーク代表取締役。ITコアでは、クラウドサービスやオープンソースの研究開発に従事。株式会社東芝で半導体メモリの開発やシステム開発を経験後、南カリフォルニア大学やボンド大学のビジネススクールで経営学を学びMBA取得。
ITと経営戦略を武器にして、多方面で事業活動を展開中。 2011年は、バルーンアート事業を立ち上げます。デジタルハリウッド講師(PHP/Ajax)。 アメブロはこちら

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています