PR

PHPerには欠かせない配列の基礎

2014年8月22日(金)
原田 裕介(はらだゆうすけ)

皆さんこんにちは。暑い日が続いて、配列……もとい、扇風機をぶん回す毎日ですね。

「PHPerは配列ばっかり回している」なんて良く皮肉られたりしますが、実際PHPは配列を良く使う言語です。連載の第2回は、そんな「配列」についてお話します。

PHPのマニュアルで配列の項目を見てみると、以下のように書いてあります。

「PHPの配列は、実際には順番付けられたマップです。マップは型の一種で、 値をキーに関連付けます。 この型は、さまざまな使い道にあわせて最適化されます。 配列としてだけでなく、リスト(ベクター)、 ハッシュテーブル(マップの実装の一つ)、辞書、コレクション、スタック、 キュー等として使用することが可能です。PHPの配列には他のPHP配列を値として保持することができるため、 非常に簡単にツリー構造を表現することが可能です。」

[PHPマニュアル]
http://php.net/manual/ja/language.types.array.php

他の言語では多階層の情報を扱うために、マップを明示的に使用したり、コレクションを用いる必要がありますが、PHPでは配列一つで色々できてしまいます。

1.1 配列の基本

まずは基本からです。

図1: 配列の基本

source2_1.php

<?php
$colors = array('red', 'blue', 'green');

var_dump($colors);
foreach($colors as $color){
  echo $color,',';
}

出力結果

array(3) {
  [0]=>
  string(3) "red"
  [1]=>
  string(4) "blue"
  [2]=>
  string(5) "green"
}
red,blue,green,

一般的な配列の使い方のサンプルですね。以下のように書いても、同様の結果が得られます。

source2_2.php

<?php
$colors = array();

$colors[] = 'red';
$colors[] = 'blue';
$colors[] = 'green';

var_dump($colors);
foreach($colors as $color){
  echo $color,',';
}

出力結果

array(3) {
  [0]=>
  string(3) "red"
  [1]=>
  string(4) "blue"
  [2]=>
  string(5) "green"
}
red,blue,green,
著者
原田 裕介(はらだゆうすけ)
株式会社ユーザーローカル
東京都在住。携帯のホームページ作成サービスでHTMLのコーディングを始めて、PHPerとなる。
株式会社ハッシュシステム代表取締役やtetolの立ち上げ、株式会社イードでニュースメディアの開発やエンジニア採用を経て、現在はアクセス解析ツールの開発を行いながら、個人でもWEBサービスの開発を行っている。PHP技術者認定上級試験の認定者でもあり、受賞歴はmixi scrap challenge優勝など。

 

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事