PR
連載 :
  Flash×AIR

AIR 1.1日本語版登場!

2008年6月27日(金)
小坂 武史

AIR 1.1日本語対応版リリース

 前回の最後にご紹介したとおり、2008年6月17日にAIR 1.1日本語対応版がリリースされました。今回の発表内容を細かに紹介していきます。

 Adobe AIR 1.1の主な改良点は、名称からもわかるように、日本語対応で問題になっていたところが改善され、正式に日本語環境に対応されたということです。Adobe AIR 1.1はアドビ システムズ社のWebサイト(http://www.adobe.com/jp/products/air/)から無償でダウンロードが可能です。

 また、このリリースにあわせ、19日にプレス向け記者会見があり、Adobeから以下のようなコメントと発表がありました。

 「Adobe AIR 1.1で日本語環境が正式対応されたことにより、Webデベロッパやデザイナは、日本語のHTMLを表示する、HTMLの入力フォームを扱う、Ajaxを使ったHTMLを読み込む、ActionScriptとの日本語データ連携を行う、ならびにインストーラの日本語化が求められるAIRアプリケーションにおいても、言語による制約を受けずに魅力的なAIRアプリケーションの開発と配布が可能になります」

 特に、インストーラが日本語対応されたことを強調されていました。

Adobe AIR コンテスト発表会

 プレス発表と同日、品川で開催されたAdobe AIR コンテスト授賞式イベントでは、Adobe AIR 1.0 向けのアプリケーション、コンテンツ制作にチャレンジしたクリエイタの表彰が行われ、多くの作品も紹介されました。

 Adobe AIR コンテスト受賞者は下記になります。

 グランプリは大日本印刷株式会社の「Hito Fude AIR(http://www.adobe.com/jp/events/aircon2008/awards/pop_up.html)」で、一筆書きをリレー方式でつなげていくアプリケーションです。

 Dreamweaver賞は株式会社カタマリの「JSON Editor AIR(http://jsoneditor.net/#air)」で、JSONおよびXMLデータを編集するためのアプリケーションです。

 Flex賞は株式会社エスキュービズムの「JUKING AIR(http://juking.jp/air_top/)」で、音楽を動画付きで再生し続ける「ジュークボックス風」デスクトップアプリケーションです。

 Flash賞は株式会社セルシスの「Air train(http://lmeteh.heteml.jp/air_train/)」スレッドを電車に見立て、世界中のユーザのモニターを旅しながらコメントを収集するアプリケーションです。

 特別賞は株式会社イメージソース「web plamo飛行艇版デスクトップジオラマアプリケーション(http://web-plamo.com/aircraft/)」で、組み立てた飛行艇を角度を変えた表示や、ジオラマアニメーションの中に飾るアプリケーションです。

 受賞アプリケーションは、「ADOBE AIR コンテスト2008受賞作品(http://www.adobe.com/jp/events/aircon2008/awards/)」から、詳細の確認、ダウンロードが可能です。

 約2か月という短い募集期間でしたが、86作品もの応募があったそうです。それぞれ、抜群のアイデアですね。

 読者の皆さんも、今後このようなコンテストがありましたら、ぜひとも、チャレンジしてみてください。

株式会社ティーケーラボ
代表取締役。日本初商用インターネットプロバイダー、デジタル系デザイン会社を経て、2002年に会社設立。「ひとにやさしいデジタル」の創造をコンセプトに、ユーザビリティ、ユーザインターフェース、マルチプラットフォームに拘り、プロジェクトを展開している。6月より、新規事業として、AIRサービス「PLUSLU Media / PLUSLU Business」を開始。http://www.tk-lab.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています