PR

ASP.NET Web開発のトレンド

2011年3月14日(月)
井上 章(いのうえ あきら)

はじめに

本連載の第1回では、Web開発技術の中でも、HTML5やSilverlightといったクライアント側のテクノロジーをRIA (Rich Internet Application) という観点で解説しました。

そこで今回は、Webアプリケーション開発には欠かせないサーバー側のスクリプティング・テクノロジーであるASP.NETや、それを取り巻く開発環境について解説します。

Web技術のトレンド

HTML5やCSS3を始めとして、昨今のWebアプリケーションは多くの標準技術によって支えられています。特にインターネット・スペースにおけるWeb開発の技術トレンドは、図1に示すように、そのほとんどがひとつの企業に依存しないオープンな技術のもとで成り立っており、この流れは一段と加速しています。

図1:Web技術のトレンドとキーワード(クリックで拡大)

さらに、アプリケーション構成そのものも、クラウドといった大きな技術トレンドの中で大きく変わり始めています。次の図2は、多様化するクライアント側のアプリケーション構成と、それにともないWeb APIとしてサービス・インターフェースを提供するサーバー側の構成を表した構成図の一例です。

図2:クラウド時代のアプリケーション構成の一例(クリックで拡大)

思い起こせば、XMLが登場した1998年頃から耳にするようになったプログラミング・インターフェースとしてのWebサービス(マイクロソフト技術では、以前は「XML Webサービス」と言われていました)と、それを利用するWebアプリケーションが、ここにきてやっと一般化してきたとも言えるでしょう。

サーバー側とクライアント側がHTTPプロトコルをベースとしたWeb APIで疎結合化されることで、PCだけではなくスマートフォンなどの携帯端末から家電に至るまで、多種多様なアプリケーション実装を今まで以上に簡単におこなえるようになってきたのです。

マイクロソフトのASP.NETを中心としたWeb開発プラットフォーム

それでは、そういったWeb開発のトレンドが変化する中、現在、マイクロソフトが提供する最新のWeb開発プラットフォームにはどのようなものがあるのでしょうか。

Web開発プラットフォームと言っても、大きくはWebアプリケーションを動作させるために必要なオペレーティング・システムなどの「プラットフォーム」と、Webアプリケーションの開発・実行するために必要なフレームワークやライブラリなどの「テクノロジー」、そして、Webアプリケーションを開発するにあたって、開発者やデザイナの方々が使用する「ツール」の3つに分けられます。

図3:マイクロソフト技術の中で利用可能なWeb開発プラットフォーム(クリックで拡大)

図3では、Web開発に関連したツールやテクノロジー、プラットフォームを、サーバー側もしくはクライアント側の技術で簡単に分類しています。すべてのエリアで、Web開発に必要な要素が網羅されており、用途に応じてさまざまな形態の開発がおこなえる環境がそろっていると言えるでしょう。また、注目すべき点としては、HTML5といった新しいWeb標準仕様やjQueryといったJavaScriptのオープンソース・ライブラリが、マイクロソフトのWeb開発プラットフォームの中でも使用できるようになっていることです。

これまでは、マイクロソフトが提供するさまざまなWeb開発プラットフォームは、Web開発技術の中でも若干特殊なものとして主にインターネットを中心としたWebアプリケーション開発では敬遠されていた部分もあったかもしれません。しかしながら、昨今では、広く一般的に認知されているような技術仕様であったりオープンソース・ライブラリであったりしたさまざまな技術を、マイクロソフトが提供するWeb開発プラットフォームの中でも積極的に利用できるようになってきています。

著者
井上 章(いのうえ あきら)
日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社 Webエバンジェリスト。ハードウェア設計に始まり、アセンブラプログラミングやWindows開発、そしてASP.NETをベースとしたWeb開発といったエンジニア人生を経た後、2005年にフリーエンジニアに転身。コミュニティ活動や書籍執筆を通してソフトウェア開発に関する啓発活動をおこなう。2008年にマイクロソフトに入社し、ASP.NETをはじめとするWeb開発テクノロジーを専門とするエバンジェリストとして活動中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています