PR

メインディッシュのMinecraft Piを調理しよう

2016年3月2日(水)
薬師寺 国安

今回からは、いよいよRaspberry Pi ZeroでMinecraftを調理していきます。今回調理するのは「Minecraft Pi」です。これはRaspberry Pi専用のMinecraftで、スマホ用に開発された「Pocket Edition(PE)」をベースにしています。では、前回までと同様に、まずは調理を始める前の下準備からはじめていきましょう!

「Scratch2MCPI」のインストール

Raspberry Pi ZeroにOSのRaspbianをインストールすると、同時にMinecraft Piもインストールされます。ただしRaspbianのScratchではMinecraft Piと連携したプログラミングができないので、別途「Scratch2MCPI」をインストールする必要があります。Scratch2MCPIは、「Scratchのビジュアルプログラミング言語をMinecraft Piが理解して実行できるように翻訳する働きをするもの」と考えてください。

またRaspberry Pi Zeroにはイーサネット機能がないので、有線/無線LANアダプターをUSB接続してインターネットができる状態にする必要があります。この手順については第1回(https://thinkit.co.jp/article/9339)を参照してください。なお、RaspbianはLinuxベースのOSなので、すべてコマンドでインストールします。本連載では極力コマンドを表記しないので、各自で操作を行なってください。

まず、下記サイトを参考にScratch2MCPIをインストールしましょう。

●Scratch2MCPI
http://scratch2mcpi.github.io/

インストールが完了すると、デスクトップ上にScratch2MCPIのアイコンが作成されます(図1)。

なお、Minecraft Piで操作できるのは「クリエイティブモード」のみです。クリエイティブモードでは、Scratch2MCPIからMinecraft Piの世界にさまざまな種類の壁や塔などを一瞬にして創造したり、消したりすることができます。
Scratch2MCPIも見た目はScratchとまったく同じですが、起動した際に「遠隔センサーが有効になりました」と表示され、しばらくしてからScratch2MCPIの本体である、Scratchの命令をMinecraft Piに伝える黒い画面が表示されます(図2)。

Scratch2MCPIとMinecraft Piが接続されて使用可能になる命令

Scratch2MCPIとMinecraft Piの接続が完了すると、「制御」や「その他」分類の中に、Minercraft PiをScratch2MCPIから操作できる命令が追加されます(図3)。「制御」や「その他」分類の中に、新しく追加された命令を使って、Scrstch2MCPIからMinecraft Piの世界に、塔や壁を創造していくことになります。

Minecraft Piを動かしてみよう

これで基本的な下準備ができたので、早速Minecraft Piを起動しましょう。メニューから「Start」→「Game」→「Create New」を選択すると、画面内にMinecraft Piの世界が広がります(図4)。

Minecraft Piの世界はキーボードとマウスで操作します。キーボードの機能とマウスの操作を表1、2に示します。

表1:キーボードの機能

キー機能
W前に進む
S後ろに下がる
A左に水平移動
D右に水平移動
Eアイテムの一覧(ESCで閉じる)。選択したアイテムは下のホットバーに登録
スペース【飛行モード】上昇
【通常モード】ジャンプ
スペース(連打)飛行モード/通常モードの切り替え
左Shift【飛行モード】下降
【通常モード】身をかがめる
ESCメニュー画面を開く
Tabカーソルをデスクトップ上に移動

表2:マウスの操作

マウス動作
マウスカーソル視点を変える
右クリックブロックを置く
左クリックブロックを破壊
ホイールホットバーからアイテムを選択

Minecraft Piを起動した直後はキャラクターが表示されません。最初は手だけが表示され、デフォルトでは剣を持っています(図5)。

この状態から図3のようにキャラクターを表示させるには、キーボードの[ESC]キーを押して表示されるメニューの左隅上にあるボタン(図6)をクリックすると、図7のように形が変化します。その後「Back to game」ボタンをクリックするとキャラクターが表示されるようになります。図4はこの操作を行なった後の画面表示です。

なお、この状態ではマウスカーソルのフォーカスがMinecraft Piの画面内にとどまり、デスクトップ上に出すことができません。マウスカーソルをデスクトップ上に出すには、キーボードの[Tab]キーを押します。再度、Minecraft Piの世界にマウスカーソルを戻すには、Minecraft Piの画面上でマウスを「右クリック」します。

アプリの起動順に注意!

Scratch2MCPIとMinecraft Piを起動するには順番があります。まずMinecraft Piを起動してワールドを作成し、ワールド内をキャラクターが動き回れる状態にしておきます。次にScratch2MCPIを起動します。「遠隔センサー接続が有効になりました」と表示されますが、この状態ではまだ2つのアプリは完全には接続されていません。図2のように画面右下に黒い画面が表示されてはじめて、完全に接続された状態になります。Raspberry Pi Zeroではここまでの表示に若干時間を要するので、起動するまでお待ちください。この順番を間違えるとうまく接続できないので注意が必要です。

ホットバーから各種アイテムの選択

さて、Minecraft Piの操作に戻りましょう。図4を見ると画面下部に横長の枠があり、何やら四角い物体が並んでいます。この横長の枠を「ホットバー」と呼びます。四角い物体は各種アイテム(四角いのは主に建築素材)で、マウスをホイールするとアイテムを選択できます。よく使うアイテムはホットバーに追加しておくと便利です。新しいアイテムを追加したい場合は、キーボードの[E]キーを押すと図8のように持っているアイテムが表示されます。ここでは赤枠で囲った「柵」を選択してみました。

するとMinecraft Piの世界に切り替わり、図9のように手に持っているものが「剣」から「柵」に変わりました(少し分かりにくいですが……)。

図9の状態でキーボードの[W][A][S][D]キー等を使って移動し(移動方法については表1を参照)、平らな場所を見つけたらマウスを「右クリック」してみましょう。画面中央にある「+」の位置に柵が作成されます(図10)。

今度はマウスを「左クリック」してみましょう。すると、今作成した「柵」が破壊されます。Minecraft Piの世界では、「剣(左クリックの破壊のみに使用)」以外はマウスの右クリックで手に持っているものを配置し、左クリックで破壊します。「右クリック」は「創造」、「左クリック」は「破壊」と覚えておきましょう。

上空から世界を眺める

表1にも示しましたが、[スペース]キーを2回押すとキャラクターが宙に浮きます。その状態で[スペース]キーを押し続けるとキャラクターはどんどん上空に上がっていき、図11のように上空から世界を眺めることができるようになります。

下降するには、[Shift]キーを押すとゆっくり降りていきます。[スペース]キーを2押すと、一気に地上まで降りていきます。

また、図5を参考にキャラクターを表示し、[Shift]キーを押しながら[W]キーを押してみましょう。キャラクターが少しかがんだ状態で前進します。なお、Raspberry Piでは[Shift]キーでキャラクターがかがんだ状態のスクリーンショットは撮れません。各自でいろいろと試してみてください。Minecraft Piの世界にキャラクターを表示させて遊ぶか、手だけの表示で遊ぶかは、各自の好み次第でしょう。いずれにしても操作は表1、表2のようにキーボードとマウスで行ないます。マウスの右クリックでアイテムを「配置(創造)」、左クリックで「破壊」というのが基本です。

もちろん、これらの操作はRaspberry Pi 2 Model B等でも操作できます。こちらのほうが性能は上ですし、快適にScratch2MCPIとMinecraft Piの連携プログラミングを行うことができます。これをあえてRaspberry Pi Zeroで行うメリットは、本体の価格が5ドルと超低価格な商品であるとことに尽きます。周辺機器も揃えれば少々金額がかさみますが、今どきの子供でも十分にお小遣いで購入できる価格です。このRaspberry Pi Zeroの低価格が子供たちにプログラミングの面白さを伝え、経験するための良い機会になるのではないかと思います。

次回は、いよいよ最終回です。引き続きScratch2MCPIでMinecraft Piの世界を冒険し、一瞬で塔や壁を創造したり、消したりする方法を解説します。お楽しみに!

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています